育毛剤と育毛トニックは何が違う?併用したら抜け毛が止まるのか解説!

「育毛剤と育毛トニック」

 

名前も見た目も似てるけど、育毛剤と育毛トニックって何が違うのかわかりませんよね。

それどころか、2つとも似てるのに「値段が違う」ので、どうせ使うなら安い方がいいって思いませんか?

 

抜け毛を早く止めたり、髪が早く生えるなら、育毛剤と育毛トニックを併用しようと考える方もいるかもしれません。

 

結論から先にお話しすると、この記事を読むだけで、

  • 育毛剤と育毛トニックの違い
  • 育毛剤と育毛トニックの併用がNGの理由
  • 薬を使わずに、半年間で髪の毛を増やす方法

がわかります。

 

若ハゲに悩み出してからの8年間で、20種類以上の育毛剤を試してきて、育毛剤も育毛トニックも試しました。

 

色々と人体実験してきた結果、ある方法を試したら、

半年でここまで髪が生えてきたんです!

 

増やすのが難しいと言われてる生え際の髪が増えたので、手前味噌ですが、かなりすごいことだと思います( `・ω・)

頭頂部の髪は、

ジャングルのような密林状態です。

 

育毛剤と育毛トニックの違いを理解して、あなたも「抜け毛減ったなぁ」「髪増えたなぁ」という実感を感じませんか?

 

 

【全然違う】これが育毛剤と育毛トニックの違い

【全然違う】これが育毛剤と育毛トニックの違い

育毛剤と育毛トニックには、「育毛」という同じ名前がついていますが、中身と使用目的は全然違います。

 

育毛剤と育毛トニックの違いと中身

  • 育毛トニック:頭皮を健やかに保つために使うもの
    中身    :70〜90%がアルコールと水
  • 育毛剤   :髪を育てて、発毛を促すために使うもの
    中身    :有効成分や生薬などが含まれている

 

育毛トニックは、頭皮のフケやニオイが気になる人向けの商品

育毛トニックがどんな人に効果が期待できるかというと、こういった髪の毛がフサフサな人や

 

まだ髪の毛がしっかり残っていて、

頭皮の脂っぽさや、頭皮のニオイが気になる男性向けの商品です。

 

というのも、育毛トニックの中身は70〜90%がアルコールと水で作られています。

水とアルコールの中に、頭皮のフケやニオイを防いだり、頭皮がスースーする清涼感のある、メントールなどの材料を入れています。

 

つまり、育毛トニックに髪の毛を生やしたり、抜け毛を防ぐ働きはないのです。

 

これは、サクセスやリアップジェットといった育毛トニックも同じで、髪の毛が生えたり、抜け毛が減るような働きはありません。

 

だから、メーカーの公式サイトや、サクセスの商品にも、こう書いてありますよね?

「頭皮のニオイと脂を防いで、抜け毛予防!」

抜け毛を止めるとか、髪が増えるといった表現は一切されていません^^

値段も1000円前後で、手頃なものが多いのも、頭皮のニオイと脂を防ぐ効果に特化しているからです。

 

 

育毛剤は、抜け毛を止めたい、髪を増やしたい人向けの商品

 

頭皮のフケやニオイが気になる人向けの育毛トニックとは反対に、育毛剤はどんな人が効果を期待できるかというと、

抜け毛が気になるな、最近薄くなったかもしれないと感じてる方、

抜け毛が気になる

 

薄くなった部分の髪を増やしたいと思っている方

画像引用:http://育毛仮面.net/

 

つまり、少しでも早く抜け毛を止めたい、髪を増やしたい方向けの商品です。

 

毛乳頭を刺激したり、血行を促進して髪を元気にしたり、AGAの原因物質を改善して、抜け毛を止めて、髪を育てる材料がたくさん入っています。

 

育毛剤の種類にもよりますが、厚労省が認可した育毛剤であったり、医師が効果の判断を行う臨床試験を行った育毛剤があります。

画像 医師が試験を行っているもの

 

育毛剤は、5000〜15,000円前後のものまで値段が高くなるのも、抜け毛を止めたり、髪を増やす働きがあるからです。

 

育毛剤は、頭皮のフケやニオイを防ぐ育毛トニックとは、根本的に効果も働きも違いますよね。

 

ちなみに、こういった頭皮になっている場合は、

育毛剤は育毛剤で髪を生やすのは難しいので、AGAクリニックに行くか、植毛を検討するしか方法がありません。

 

頭皮がツルツルの状態だと、そもそも産毛すら生えてない可能性があるので、より専門性の高い方法で治療する必要があるからです。

 

話を戻しますが、育毛剤と育毛トニックの違いは、

  • 育毛トニック:頭皮のフケやニオイが気になる人向け
  • 育毛剤   :抜け毛を止める、髪を育てたい人向け

だと覚えておいてください。

難しいことではないと思います。

 

 

育毛剤と育毛トニックの併用がNGの理由

それは、髪や頭皮の表面を分解して、抜け毛や薄毛を悪化させる可能性があるからです。

表面を分解するって、想像しただけで怖くなりませんか?

 

ご存知かと思いますが、髪の毛や頭皮は、ほぼタンパク質でできています。

小さなタンパク質が集まって、固まって、髪の毛や頭皮ができてるイメージです。

 

それなら何が、髪や頭皮のタンパク質を分解するのかというと、

育毛トニックに含まれる大量のアルコールが、髪と頭皮のタンパク質を分解して溶かしてしまうのです。

 

育毛トニックをつけた後に、頭皮が真っ赤になったり、かゆくなったりした経験がある方がたくさんいると思います。

それは、頭皮の表面が分解されて、アレルギー反応として症状が出た証拠です。

 

ちなみに、アルコールは筋トレの効果を下げることもわかっています。

ノース・テキサス大学の研究によると、アルコールを飲んだ後に筋トレを行うと、筋肉肥大の効果が下がることがわかったのです。

抜け毛や薄毛に悩んでいる方が、頭皮につけるのは育毛剤だけで十分です。

 

育毛剤だけでも、頭皮にとってはある程度の刺激になるので、そこへ育毛トニックを合わせて使うのは、

仕事のアドバイスを優しい先輩にもらっている中、偉そうなことしか言わない上司が登場して、その場をぶち壊して行くようなものです。

 

育毛剤や育毛トニックを使う時って、シャワーやお風呂から上がった後に使いますよね?

 

それはつまり、頭皮がキレイになっている状態です。

りんごで例えれば、りんごの皮をむいて、実の部分が見えている状態です。

そこへ、

アルコールたっぷりの育毛トニックを、勢いよくブシューーーっとつけたら。

 

実の部分が見えてるところへ、刺激の強い材料を勢いよくかけ続けたら。

育毛剤と育毛トニックを併用しようと思う気持ちも、冷めるのではないでしょうか?

 

 

頭皮がスースーして真っ赤になった育毛トニック

頭皮がスースーして真っ赤になった育毛トニック

ここまで、育毛剤と育毛トニックの違いや併用はNGな理由をお話ししてきました。

 

少し偉そうなことをいったかもしれませんが、私自身が髪や頭皮の知識や経験がなかった頃に、

育毛トニックを使って痛い思いをしたことがあります。

 

例えば、私は思春期のころから肌が強かったはずなのに、育毛トニックを使って

画像引用:https://薄毛治療完全ガイド.jp/

 

 

画像引用:http://livedoor.blogimg.jp/

 

こんな感じで、頭皮が真っ赤になっていたのです(ちなみに、これは異常です。赤くなるのは合ってない証拠ですからね。)

 

しかし、何もしならかった当時は、「頭皮がスースーしてるし、なんとなく効いてると思うから大丈夫っしょ」と思ってました。

その結果、

・・・

・・

見事に、ハゲが進んだんです。

 

頭皮が赤くなるのも、必要以上にスースーするのも、それは体が発しているサインで、それを無視したので抜け毛が増え続けてしまったんですよね。

 

育毛トニックが悪いわけではなくて、異変があっても使い続けてしまったことが問題だったと思います。

 

私のところには定期的に、「抜け毛を減らすために、育毛トニックを使おうと思っているのですが、おすすめはありますか?」という質問がきます。

 

そういった方の話を聞いたあとに、「そのような状態であれば、育毛トニックは使わない方がいいです。なぜなら・・・・」

と、ここでお話ししたことを伝えるようにしています。

 

育毛剤と併用したり、我慢して育毛トニックを使い続けると、抜け毛が増えて、ハゲる可能性が高くなりますからね。

値段が安いは良いものの、そのせいで髪の毛を失ったら意味がないですからね。

 

 

「え、これでいいの?」簡単に、早く、抜け毛は減らせる

 

この記事の冒頭で、「8年間若ハゲに悩んできたけど、ある方法を試したら僅か半年で髪が生えてきました」とお話ししましたが、

 

 

一度上手くいき始めると「こんな簡単でいいの?」と思うほど、抜け毛が減って、髪が増える体験をするようになります。

 

仕事でもありませんか?

今まで上手くいかなかったことが、ある日突然、感覚を掴んで「こんな感じでやれば良かったのか」と思ったり

「なんで、こんな簡単なことで悩んでたんだ」といった経験。

 

髪もそれに似ていて、一度上手くいき始めると、悩んでたことがウソみたいに悩みが晴れて、

体の周りを覆っていた暗くて冷たいものが一気に消えていきます。

 

大げさかもしれませんが、「生まれ変わった気分」です。

ちなみに、「え、これでいいの?」簡単に、早く、抜け毛は減らせる方法って何だと思いますか?

 

・・・

・・

 

答えは、あなたが調べていた、育毛剤を使うことです。

 

生活習慣を変えたり、シャンプーを変えたり、禁煙したり、髪を増やすために色々やりましたが、

半年で髪が生えて増えてきたのは、育毛剤と育毛サプリを併用しだしてからでした。

 

だから、育毛剤と育毛トニックの違いを調べていたあなたは、自分で答えにほぼ近付いていたということです。

凄いですよ。

 

何も知らなかった頃の私だったら、育毛剤と育毛トニックの違いなんて調べずに、とりあえず試してみたり、併用したりして失敗してたと思います。苦笑

 

それに比べて、あなたは、育毛剤と育毛トニックの違いを調べて、その上でどうしようか考えていたわけですからね。

素晴らしいと思います。

 

ほぼ答えに近付いていたわけですから、あとは、あなたが良いと思う育毛剤を見つけて、試してみて下さい。

そうすれば、きっと、あなたの悩みや不安が消えて、スッキリした毎日が送れるようになると思います。

 

ちなみに、私が半年で実感できた育毛剤は、少し高かったので初めは躊躇しましたが、その代わり短期間で髪が増えて・生えたので結果的に良かったと思います。

>>半年で実感した育毛剤の体験ストーリー

 

 

まとめ

  • 頭皮のフケやニオイが気になる場合は、育毛トニック
  • 抜け毛を止める、髪を増やしたい場合は、育毛剤

もう、育毛剤と育毛トニックの違いは分かったと思います。

 

間違っても2つを併用しないでくださいね。汗  抜け毛が増える可能性90%ですので。

 

あとは、目的にあったものを試して、

1日でも、1分1秒でも早く髪のストレスから解放されて、自分だけの人生、今この瞬間を楽しんでください。

 

髪の悩みを、少しでも早く消したい方が気になる育毛剤や育毛サプリを、体を張って人体実験した体験ストーリーを用意しました。

早く悩みを解消する方法や、気分転換もかねて、読んでみて下さい。

 

1カ月目はどう変わって、2カ月目、3カ月目・・・ 続けると、どんな未来が待っているのか。疑似体験ができると思います。

 

 

今回も、最後まで読んで下さり、
ありがとうございました!

The following two tabs change content below.

南沢アユム(薄毛対策ラボ管理人)

3年付き合った彼女に浮気された挙句、「ハゲとは付き合えない…」というセリフと共にフラれる。 その悔しさの反動で「本気で髪を生やすこと」に取り組みだしました。詳しいプロフィールはこちら