【最新情報】寝不足や睡眠不足による抜け毛を改善して、髪を育てるたった1つの方法!

 

寝不足や睡眠不足だと、抜け毛が増えるのって本当なの?薄毛になる原因って本当?などが、気になって調べていませんか?

 

それこそ、寝不足だと朝起きるのも辛いし、体が重いし、仕事に行くのも起き上がるのも嫌になりますよね。

もしかしたらベットの中で、「ゔ・・・ あ”・・・・」と重い体を起こすのにエネルギーを使っているかもしれません。

 

結論から先にお話しすると、この記事を読むだけで、寝不足による抜け毛を解消する方法や、少しでも早く薄毛を改善する方法がわかります。

私の薄毛が改善してきたというのもありますし、

私の薄毛が改善してきた

 

 

睡眠や休息に関する本を読みまくって、

睡眠や休息に関する本

 

さらには、寝具メーカーのコンサルタントをされていた方に直接お話を聞いて、眠りについては専門家にもお墨付きをもらっているからです。

脳科学の分野でも眠りが重要と言われていて、眠りの質によって記憶の定着率が変わったり、ストレスの受け肩まで変わることがわかっています。

 

というわけで、ここでは他のブログでは絶対に解説されていないような

眠りと育毛を詳しく、そして読んで1つ実践するだけで、抜け毛が減って髪が生えるようなお話をしていきます。

 

抜け毛を減らしたい、髪を生やしたい方はもちろんのこと、女の子にモテたい、いやらしい事をたくさん経験したい男性は、最後まで読んでみてください。

それでは、どうぞ!

 

 

「深い、深い眠りをとる」と、睡眠不足でも抜け毛は減る

「深い、深い眠りをとる」と、睡眠不足でも抜け毛は減る

 

極端な話、

睡眠時間が3時間でも、深い深い眠りがとれれば、抜け毛は解消されるし、朝起きた時からスッキリした気持ちで起きられます。

というと、「本当かよ」と思う方がいるかもしれません。

 

思い出してみてください。

 

今までの人生で、

「あー、今日は寝れたーーーーー! 体が軽いなぁーーーー♪」という日と、

「体おもっ・・・ ベットから出たくねぇ・・・仕事も嫌だ」という日

思い返してみると、何個か出てくると思います。

 

その時に、朝から元気いっぱいで、羽でも生えたのではないかというくらい体が軽かった時は、たくさん寝ていたでしょうか?

それこそ、10時間とか12時間とか眠っていたでしょうか。

 

反対に、朝から憂鬱な気分で、全身に重りがついているのではないかというほど体が重かった時は、睡眠時間が短かったでしょうか?

むしろ、長時間寝たのに、体が重かったのではありませんか?

 

そうです。

実は、睡眠というのは、長時間寝るよりも、深い睡眠をとる方が重要なのです。

 

ですから、極端な話

睡眠時間が3時間だったとしても、深い睡眠がとれたら、起きた瞬間から

「今日はなんて体が軽いんだっ。 まるで、生まれ変わったような体の軽さだ」と感じることもできるのです。

 

 

反対に、たとえ12時間寝たとしても、眠りが浅かったら、

「体おもい・・・・まだ寝てたい・・・ 今日は、どこにも行きたくない、動きたくない。あぁ、なんで・・・」

と、まるで、何かに取り憑かれたような気分で、朝を迎えることもあるわけです。

 

そして、浅い眠りを繰り返していると、

頭皮や毛根のダメージが回復しない
↓  ↓  ↓
髪が育たず、抜け毛が増える
↓  ↓  ↓
抜け毛が増えて髪が育たないから、ハゲる

という悪循環に陥ってしまうのです。

 

ちなみに、質の高い睡眠をとりながら育毛剤や育毛サプリを使うと、

わずか半年あまりで、髪が生えてくる体験をするようにもなります。

>>半年間で効果を感じた育毛剤の体験ストーリーを見る

 

つまり、抜け毛を減らすにも、髪を生やすにも、深い睡眠をとることがとても大切なのです。

 

とはいえ、難しいことは一つもありませんし、少し意識するだけで、

髪をグングン育てる、深い睡眠は誰でも簡単にとれるようになります^^

 

 

これが抜け毛を減らして、髪を育てる深い眠りのとりかた

これが抜け毛を減らして、髪を育てる深い眠りのとりかた

 

深い眠りのとりかたで大切なのは、

  • 寝る直前は、ポジティブなこと、幸せなことをイメージする
  • 寝室、寝具、パジャマを綺麗にする
  • 寝る前2時間前までに食事をすませる
  • 寝る直前のお酒を控える(または少量にする)
  • 激しい運動は、寝る3時間前までにすませる
  • 40度前後の心地いい温度のお風呂に入る
  • 寝る部屋を暗くする

この7つです。

>>深い眠りの取り方まとめ

 

特に、重要なのは上から3つまでの

  • 寝る直前は、ポジティブなこと、幸せなことをイメージする
  • 寝室、寝具、パジャマを綺麗にする
  • 寝る前2時間前までに食事をすませる

これです。

 

 

なぜかというと、まず寝る直前というのは、「寝るな、寝るな、寝るなぁ・・・」という感覚になっている時は、脳も体も1番リラックスしています。

 

脳波でいうと、α波よりも、さらにリラックスしているシータ波という脳波になっているのです。

 

シータ波、瞑想や座禅をしている時にでるもので、寝る直前にネガティブなことやポジティブなことを考えたまま寝てしまうと、

その悪いイメージが睡眠中も、無意識の中で続いてしまい、心も体もリラックスできないのです。

 

例えるなら、PCの電源を切ったのに、バックグラウンドでバグがずーーーっと動いてるようなイメージです。

 

寝ている最中もネガティブなソフトが働いていたら、体も心も休まると思いますか?

 

だから、寝る前は、ポジティブなことや幸せなイメージをして寝た方がいいのです。

そうすると、幸せなイメージが寝ている最中も無意識の中で続くので、より深く、より安らかな休息が取れるようになります。

 

 

その時、寝室、寝具、パジャマも綺麗にしてくださいね。

というのも、人間の体はとても敏感で、寝ている最中も周りの空気や音、触れているものの気配を感じ取っています。

 

想像してみてください。

 

心霊スポット言われるホテルで寝るのと、

1泊5万円もする高級ホテルで寝た場合、

どちらの方が、グッスリ眠れるでしょうか?

 

高級ホテルの方がグッスリ寝れそうですよね。

 

それと同じで、寝室や寝具、パジャマといった、「寝る部屋や身につけているものが汚れて」いたら、それだけで眠りの質が下がります。

 

ですので、抜け毛を減らすためにも、髪を生やすためにも、綺麗な寝室、寝具、パジャマで寝ましょう。

ちなみに、全裸で寝るのが習慣になっている方は、全裸でも問題ありません。

 

寝る直前に食事をすると、寝てる最中に消化活動が始まってしまうので、体も心も休まりません。

食事は、寝る2時間前に済ませておくのがポイントです。

 

どうしても寝る直前にご飯を食べる場合は、消化のいいものを選びましょう。

 

抜け毛を減らす、深い眠りのとりかたは、

  • 寝る直前は、ポジティブなこと、幸せなことをイメージする
  • 寝室、寝具、パジャマを綺麗にする
  • 寝る前2時間前までに食事をすませる
  • 寝る直前のお酒を控える(または少量にする)
  • 激しい運動は、寝る3時間前までにすませる
  • 40度前後の心地いい温度のお風呂に入る
  • 寝る部屋を暗くする

この7つでした。

 

できることから、まず実践してみてください。

眠りの質が変わるだけで、抜け毛は減るし、髪の毛は増えるし、起きた時に体が軽いし、

「なんて気持ちのいい朝なんだ」と、幸せな気持ちで1日を始められるようになりますよ^^

 

 

なぜ深い眠りが抜け毛を減らして、髪をグングン育てるのか?

なぜ深い眠りが抜け毛を減らして、髪をグングン育てるのか?

 

というと、それには「成長ホルモン」というものが関係しています。

 

この成長ホルモン、簡単に説明すると

  • 新陳代謝の活性化
  • 細胞分裂の活性化
  • 疲労回復
  • リラックス
  • 等々

このような働きがあります。

 

つまり、成長ホルモンが沢山分泌されると、リラックスできて、疲労が回復して、新陳代謝と細胞分裂が活性化するから、

髪が育ち、抜けにくくなるというわけです。

 

そして、成長ホルモンが最も分泌されるのが「深い眠りをした時」で、

成長ホルモンの分泌と睡眠時間をグラフにすると、

このような形になります。

 

※グラフの波形は、睡眠のリズムと成長ホルモンの分泌を表したもの。

睡眠は、浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)を、およそ90分感覚で繰り返し起床するまで続きます。

そして、成長ホルモンの分泌量が増加するのは、深い眠り(ノンレム睡眠)の時です。

 

 

つまり、眠りの波が深くなればなるほど、髪がグングン育つというわけです。

 

で、先ほどお話しした深い眠りをとる7つの方法は、

  • 寝る直前は、ポジティブなこと、幸せなことをイメージする
  • 寝室、寝具、パジャマを綺麗にする
  • 寝る前2時間前までに食事をすませる
  • 寝る直前のお酒を控える(または少量にする)
  • 激しい運動は、寝る3時間前までにすませる
  • 40度前後の心地いい温度のお風呂に入る
  • 寝る部屋を暗くする

眠りをどんどん深くするためというわけです。

 

ということは、7つの逆の方法を取ればとるほど、眠りが浅くなって、髪が育たなくて、抜け毛が増えてしまうということです。

 

なので、抜け毛を減らすために、髪を生やすためにも深い眠りをとりましょう。

 

もっと言えば、女の子にモテるため、モテ続けるためにも、深い眠りを取り続けましょう。

ちなみに、成長ホルモンの分泌が多いほど、チンコのギンギン具合も変わります。

彼女や奥さんを満足させたいとか、セフレをもっと魅了したい方は、成長ホルモンを高める眠りしましょう(真顔)

 

 

まとめ

 

ここまで、寝不足や睡眠不足による抜け毛を改善して、髪を育てる睡眠方法についてお話ししてきました。

寝不足も抜け毛が増えたり、薄毛が進行する原因です。

 

ただし、抜け毛の原因は睡眠不足以外にも

  • AGA
  • 髪の栄養不足
  • ストレス
  • 血行不良

などがあります。

 

こういった言葉を見て、聞いて、思い当たるものがあれば、眠りの質を挙げつつ今日から対策を始めていきましょう。

 

眠りの質を改善しながら対策を進めることで、

わずか半年間で、ここまで回復することもできます。

 

少しでも早く、抜け毛を減らしたい、薄毛を改善したいとお考えの方は、今日からできることを実践してみて下さい。

 

 

生えた?増えた?科学的根拠を基準にした

>>最新の育毛剤おすすめランキングを見る

 

飲むだけ簡単

>>寝ながら髪を育てる育毛サプリランキングさこちら

 

 

 

というわけで、
最後まで読んで頂き、
ありがとうございました!

The following two tabs change content below.

南沢アユム(薄毛対策ラボ管理人)

3年付き合った彼女に浮気された挙句、「ハゲとは付き合えない…」というセリフと共にフラれる。 その悔しさの反動で「本気で髪を生やすこと」に取り組みだしました。詳しいプロフィールはこちら