男性ホルモンを抑制してもAGAが治らない・髪が生えない・抜け毛が減らない具体的な理由

この記事を読んで下さっているということは、あなたはAGAを改善する方法を調べている最中かと思います。

しかも、なぜか男性ホルモンを抑制して、AGAを改善しようという怖い方法で・・・

 

そもそも、男性ホルモンを抑制してもAGAは治りません。

それどころか、EDになったり上手く射精できなくなってしまったり、鬱っぽくなる可能性すらあります。

 

間違った方法で後悔する前に、男性ホルモンを抑制してもAGAが治らない理由や、正しいAGA対策方法をお話しするので、

髪を増やしたい、抜け毛を減らしたい方はもちろんのこと、

EDとか上手く射精できなくなるのは嫌だという方も、最後まで読んでみて下さい。

必ず、役立つ情報のはずです。

 

 

男性ホルモンを抑制してもAGAが治らない理由

男性ホルモンを抑制してもAGAが治らない理由

 

それは、男性ホルモンがAGAの原因ではないからです。

昔から、男性ホルモンが増えるとハゲるみたいな噂がありましたが、それは全くのデタラメで男性ホルモンが増えてもハゲません。

 

AGAも同じで、男性ホルモンが増えてハゲるのではなく、DHTという脱毛ホルモンが増えると、AGAを発症して抜け毛が増えるからです。

 

AGAのメカニズムを簡単におさらいすると、

AGAを発症すると、髪の寿命が減って抜け毛が増える
↓  ↓  ↓
AGAはDHT(脱毛ホルモン)が原因
↓  ↓  ↓
DHTは男性ホルモンと5αリダクターゼがくっついて生まれる

という流れでした。

 

つまり、AGAを改善しようと思ったら、DHTを作らなくすればいいのです。

 

この時、なぜか男性ホルモンを抑制すればAGAが治るという、根も葉もないうわさが広がってしまっているようですが、

AGAは5αリダクターゼという酵素を抑制することで、治療していきます。

 

AGA治療薬のプロペシアやザガーロは、まさに5αを抑制するのが目的で、男性ホルモンを抑制するような働きではないのです。

 

 

男性ホルモンが最も分泌されるのは睡眠中ですよ?

男性ホルモンが最も分泌されるのは睡眠中ですよ?

 

男性ホルモンが分泌されるタイミングは

  • 睡眠中
  • 女性と接近している時
  • 性的興奮を感じたとき
  • 勝負事に勝った時
  • 仕事や趣味で達成感を感じたとき
  • 運動後
  • 筋トレ後

など色々とあります。

 

この中でも、1番男性ホルモンが分泌されるのは睡眠中なのです。

 

朝立ちとか夢精したことってありますよね?

あれはまさに、睡眠中に男性ホルモンが沢山分泌されて、寝てる最中の勃起してたというわけです。

 

寝てる間に、分泌される男性ホルモンを抑制できると思いますか?

 

ちなみに、

こういった女の子を見るだけでも、男性ホルモンは少し分泌されますからね。

 

 

 

それなのに、男性ホルモンを抑制できると思いますか?

 

そもそもAGA対策は、5αリダクターゼを抑制するのが基本になります。

正しい知識を身に着けて、正しいことを実践しないと、場合によっては副作用に悩まされる可能性もあります。

 

 

体に負担のないAGA対策を始めませんか?

体に負担のないAGA対策を始めませんか?

 

どこの誰がいったのか分かりませんが、男性ホルモンを抑制してAGAを直そうというのは、根本的に間違っています。

なぜなら、弾性ホルモンが減ると

  • ED(勃起障害)
  • 記憶力・集中力の低下
  • 抑うつ感・落胆・不安・疲労感などの精神・心理症状
  • 発汗・ほてり・睡眠障害などの身体症状

こういった症状や、副作用が出る可能性が高いからです。

 

そもそも男性ホルモンは、20代をピークに減っていくので、わざわざ抑制する必要がないのです。

 

それなのに、自分から男性ホルモンを減らして、EDになろうとしたり、鬱になろうとする必要はないと思いませんか?

20代30代で、精力剤のお世話になるって嫌じゃないですか?

 

この記事を読んで下さった方は、正しい知識が身に付いたわけですから、体への負担が少ないAGA対策をして、髪を生やして増やしていきましょう。

AGAの対策方法については、こちらの記事にまとめています。

 

副作用のないAGA対策を始めたい方向け

>>最新:AGA対策サプリおすすめランキングを見る

 

即効性を求める方向けの

>>安全なAGAクリニックおすすめランキングを見る

 

 

まとめ

 

ここまで読んで下さった方は、間違っても男性ホルモンを抑制しようだなんて考えは、もうありませんよね?

 

理由は、何度もお話ししてきたので、割愛させて頂きますが、本当に大事なことなので気を付けて下さい。

男性ホルモンって実は、思ってる以上にかなり大事で、仕事で成果を挙げたり、女性を喜ばせる人って、男性ホルモンが多い傾向があります。

 

男なら誰しも、エッチして女性を喜ばせたいとか、沢山感じさせたいとかありますよね?

 

エッチの回数とか質とか、イッタ後に回復する早さとか、そういったことにも男性ホルモンは関係しています。

なので、彼女や奥さんがいるから満足させたいとか、セフレを夢中にさせるにも、男性ホルモンは必要です。

AGA対策をするときは、男性ホルモンではなく、5αを抑制する方法でドンドン進めていきましょう。

 

 

最後まで読んで下さり、
ありがとうございました!

The following two tabs change content below.

南沢アユム(薄毛対策ラボ管理人)

3年付き合った彼女に浮気された挙句、「ハゲとは付き合えない…」というセリフと共にフラれる。 その悔しさの反動で「本気で髪を生やすこと」に取り組みだしました。詳しいプロフィールはこちら