髪と頭皮を守る!これが 薄毛対策をする帽子の選び方・かぶり方

 

薄毛対策ラボの南沢です。

 

この記事を読んで下さっているということは、

  • 薄毛隠しになる帽子
  • かぶってもハゲない帽子
  • 頭皮に負担のない帽子

などを探している最中かと思います。

 

そこで今回は、薄毛対策になる帽子の選び方、被り方をお話しします!

 

キャップ、ニット帽、ハット、ベレー帽などなど、帽子の種類は沢山ありますが、

薄毛対策になる帽子は、季節によっても素材によっても選び方が違います。

 

若ハゲを隠しているときは、ほぼ1年中帽子をかぶっていましたが

帽子を正しく選んで、正しい薄毛対策を続けていたら、確実に髪の毛は増えますからね。

 

というわけで、今抜け毛や薄毛に悩んでいる方、頭皮に負担のないハゲ隠し帽子を探している方も

少しでも早く薄毛を改善したい、髪の毛を増やしたい方は、最後まで読んでみて下さい!

 

これが季節によって違う、薄毛対策の正しい帽子の選び方・かぶり方!

これが季節によって違う、薄毛対策の正しい帽子の選び方・かぶり方!

 

夏の正しい帽子の選び方

夏の正しい帽子の選び方

  • 麦わらハット(レザーやニット素材は通気性が悪いのでNG)
  • アウトドアハット(紫外線カット素材を使っていればなお良い)
  • メッシュキャップ(締め付けがキツくならないように注意)

 

基本的に、綿やレザーなど通気性が悪い素材を使った帽子はNG

最近はニット帽が流行ってますが、どう考えても蒸れて頭皮と髪に悪いので避けましょう。サイズが小さい帽子も悪いのでNGです。

 

薄毛予防になる夏の帽子のかぶり方

  • 外出して紫外線を長時間浴びる場合は、帽子をかぶる
  • 帽子をかぶって汗をかいたら、小まめに拭きとる
  • 定期的に洗濯をして帽子を清潔に保つ
  • 夜寝る前に必ず髪を洗って清潔な状態で寝る

薄毛に悩む方なら大丈夫だと思いますが、帽子をかぶって汗をかいたら、必ず髪を洗ってから寝るようにして下さい(※ 細菌を繁殖させないため)

 

 

冬の正しい帽子の選び方

  • ウール素材
  • ニットなど保温性の高い素材

帽子の形は、ハット、キャップ、ハンチング、ベレー帽、キャスケットなど何でも構いません。

暖かい素材を使っていて、サイズがキツくなければ、薄毛対策としての帽子はOKです。

冬の冷たくて乾燥した空気から頭皮を守れれば、髪と頭皮を守れますからね。

 

 

冬の正しい帽子のかぶり方

  • 外出して、長時間冷気に晒される時は、帽子をかぶる
  • 定期的に洗濯をして、帽子をきれいに保つ
  • 夜寝る前に必ず、髪を洗って清潔な状態で寝る

 

人間の生理現象として、空気が乾燥していると皮脂を分泌させて頭皮を守る働きがあります。

特に、冬は空気が冷たくて乾燥しているので、自分の想像の2倍は皮脂が出ています。

なので、帽子を定期的に洗ったり、帽子をかぶった日は必ず頭を洗って寝るのがポイントです。

 

 

帽子は「薄毛対策になる」し「ハゲを促進する」こともある

帽子は「薄毛対策になる」し「ハゲを促進する」こともある

 

1月~12月の1年間で、最も抜け毛が多くなるのはいつか分かりますでしょうか?

少し考えてみて下さい。

 

そうです。

1年間で最も抜け毛が増えるのは、9月~11月までの秋と言われています。

 

なぜ秋になると抜け毛が増えるのかというと、

夏になるとアウトドアやスポーツなどで、頭皮に紫外線を浴びることが増えますよね。

 

その浴び続けた紫外線がダメージとして蓄積していき、季節が変わった秋になって、抜け毛という形で影響が出るのです。

ようするに、頭皮に悪い影響は時間差でやってくるということです。

 

仕事はこの逆パターンで、良いことをした結果が後からついてきますが、抜け毛が増える場合は、

頭皮に悪いことをした結果が後からやってきます。

 

だから、秋になると急に抜け毛が増えて、「なんで急に抜け毛が増えたの?」「このままじゃハゲるかもしれない」と焦る方が増えるのです。

 

帽子は、そんな夏の強い紫外線から頭皮を守ってくれるというわけですね。

 

冬の場合は、帽子をかぶることで、外の冷たくて乾燥した空気から髪と頭皮を守ってくれます。

 

そんなこと必要なの?

 

と思うかもしれませんが、冬ってマフラーやコートを着て、冷えから体を守りますよね?

それなのに、頭(頭皮)を冷えから守る意識をしてる方って極端に少ないです。

 

体や首が冷えるのと同じように、頭皮も外の空気に触れたら冷えますからね。

 

ニット帽やハットをかぶることで、頭皮を冷えと乾燥から守ることができます。

帽子は、選び方やかぶり方によって、薄毛対策になるし、抜け毛予防にもなります。

 

ただ、帽子をかぶった日なのに、頭皮が汚れたまま寝てしまうのは、薄毛を悪化させるかもしれません。

 

 

もちろん、頭皮は丁寧に洗ってますよね?

頭を適当に洗っていませんよね?

帽子をかぶったのに、頭を適当に洗っていませんよね?

 

今日は疲れたからシャワーはいいか…

頭がちょっとかゆいけど、シャンプーするの面倒くさい…

頭皮がちょっと脂っぽいけど、1日くらい洗わなくても大丈夫だよね…

 

寝る前にシャワーを浴びるのが面倒くさくなるのは、よーーーーーーーーーーーーく分かりますが、

 

帽子をかぶって、

頭皮は蒸れて、

皮脂がでまくってて、

雑菌が繁殖してるのに、

そのまま寝たら…

 

髪は、確実に減っていきます

 

料理を食べた後のお皿って、汚れてますよね?

部屋の掃除をしなければ、ホコリがたまっていくだけですよね?

Hした後の手って、ちょっと臭いますよね?(笑)

 

それと同じで、帽子をかぶったら頭皮は汚れてるし、皮脂をエサにして目に見えない雑菌が繁殖しているのです。

 

その状態のまま寝たら、薄毛対策で帽子を選んだのに、むしろ逆効果になるのは想像できるのできませんか?

 

だから、帽子をかぶるからこそ、正しい頭皮ケアとシャンプーが必要なのです。

正しい頭皮ケアといっても簡単で、

  • 頭皮マッサージをしてあげる
  • 寝る前に頭を洗う
  • シャンプーは頭皮に優しいものに変える

たったこれだけです。

 

たったこれだけなのに、そのひと手間が、抜け毛を減らして、髪と頭皮を育てる秘訣になります。

 

芸能人でも「あの人、最近めちゃくちゃ髪増えたな」という方っていますよね?

引用:http://aga4649.com/wp-content/

 

そういう方はたいてい、寝る前に頭を洗っていたり、刺激の少ないシャンプーに変えていたりしています。

または、育毛剤とか育毛サプリを飲んでいたりするものです。

 

10種類以上の中から厳選した

>>薄毛の頭皮に優しいシャンプーランキングはこちら

 

【画像あり】髪の毛が増える

>>最先端の育毛剤おすすめランキングはこちら

 

 

まとめ

ここまで、薄毛対策になる帽子の選び方から被り方まで、お話ししてきました。

基本的に、帽子をかぶってハゲることはありません。

 

それどころか、夏にしても冬にしても、帽子をかぶることで髪と頭皮を守って、薄毛対策にすることができます。

しかも、髪を生やすまで、帽子でハゲを隠せますからね(私も帽子には散々お世話になりました)

大事なのは、帽子をかぶったら必ず頭を洗って寝ること

 

頭皮の皮脂や雑菌を洗い流して、正しいケアをすれば、抜け毛ケアにもなります。

 

帽子をかぶりながらハゲを隠して(泣き)

シャンプーを変えたり、育毛剤や育毛サプリを使ったことで、ここまで髪の毛が生えてきました!

 

副作用は一切なし

面倒なことは殆どなし

わずか半年

で、ここまで回復しましたからね。

 

今、抜け毛や薄毛に悩んでいても、必ず髪の毛を増やしたり生やしたりすることはできます。

その時に使っていた、シャンプー、育毛剤、育毛サプリの壮絶な体験物語を載せているので

髪を増やしたい、生やしたい、女性にモテたいに、1つでも当てはまる方は読んてみて下さい。

 

【画像あり】6カ月で髪が増えた?!

>>育毛剤フィンジアの効果 体験物語を見る

 

【写真付き】体の中から髪を育てる

>>育毛サプリ ボストンの効果体験談はこちら

 

 

最後まで読んで下さり、
ありがとうございました!

The following two tabs change content below.

南沢アユム(薄毛対策ラボ管理人)

3年付き合った彼女に浮気された挙句、「ハゲとは付き合えない…」というセリフと共にフラれる。 その悔しさの反動で「本気で髪を生やすこと」に取り組みだしました。詳しいプロフィールはこちら