飲む育毛剤という大きな誤解。プロペシアを飲んでも髪は生えない

ネットを見ていると「プロペシアは飲む育毛剤です」という表現を見かけます。

プロペシアについて詳しい方なら騙されないと思いますが、最近抜け毛や薄毛の悩みが出てきた方にとっては

  • プロペシアを飲めば髪が生える
  • プロペシアを飲んだら薄毛が治る

と誤解する方がいるかもしれません。

ですが、プロペシアに髪を育てる効果や発毛効果はありません。それどころか、正しい認識がなくプロペシアを飲み始めたら髪が生えるどころか薄毛が悪化して、副作用に悩まされ続ける可能性もあります。

誰が書いてるか分からないネットの情報は怖いですね。

 

プロペシアに発毛効果がない理由

冒頭でもお話しました通り、プロペシアに髪を育てる効果や発毛効果はありません。

なぜプロペシアに育毛・発毛効果がないと断言できるのかというと、プロペシアは脱毛原因の抑制効果しかないからです。

その脱毛原因というのが、AGA(男性型脱毛症)です。

 

プロペシアが効くのはAGAだけ

プロペシアが効くのはAGAによる脱毛症の改善だけです。

AGAとは男性型脱毛症の略で、生え際が薄くなって広くなる、頭頂部の髪が薄くなる、生え際と頭頂部の両方が薄くなるなど、成人男性特有の脱毛症。

AGAは薄毛に悩む男性の3人に1人が発症していると言われている脱毛症で、一度AGAを発症すると発毛不全・髪のミニチュア化・短い抜け毛の増加などを招く上に、生活習慣の改善やシャンプーを変えた程度ではAGAを改善することは不可能で、より専門的なアプローチが必要になります。

その専門的なアプローチ(改善)方法の1つがプロペシアというわけです。

 

もう少し具体的に説明すると、AGAは男性ホルモンが変異したDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンが毛根内に増えるとAGAを発症し薄毛を進行させるということが研究の結果分かっています。

ここで重要なのは、「AGA(薄毛の原因)は男性ホルモンではなく、男性ホルモンが変異したDHT(ジヒドロテストロン)」ということ。

男性ホルモンが増えてもハゲる事はないので、他のサイトを見て誤解していた方は正しい情報にアップデートして下さいね。

  • AGA(薄毛の原因)・・男性ホルモン ×
  • AGA(薄毛の原因)・・DHT ◯

※ 男性ホルモンが増えてもハゲないということは、《男性ホルモンの分泌が増えるとハゲ・薄毛になる》この噂は本当?こちらでも詳しく説明している通りです。

 

話を戻しますが、AGA(薄毛の原因)を改善するためには、男性ホルモンをDHTに変異させなければ良いということになります。

そこで登場するのが5αリダクターゼと呼ばれる酵素の一種。この5αリダクターゼには、男性ホルモンをDHTに変異させる働きがあります。

5αリダクターゼが活性化すると、男性ホルモンをDHTにどんどん変異させてAGAを発症し薄毛が進行するというわけですね。

 

ということは、5αリダクターゼを抑制すればAGAによる脱毛症を改善できる(薄毛が治る)ということでもあります。

そしてプロペシアには、5αリダクターゼを抑制する効果があります。

プロペシアがAGAに効くメカニズムは以下の通りです。

5αリダクターゼが活性化するとDHTが増えてAGAを発症し薄毛が進行する
↓ ↓ ↓
プロペシアを飲むことで5αリダクターゼが抑制されDHTが減る
↓ ↓ ↓
DHTが減ることでAGAが改善し薄毛が治る

プロペシアは医療機関でもAGA治療薬として処方される薬ですので、効果の高さは間違いありません。

ただ、冒頭でもお話しました通り、プロペシアには育毛・発毛効果はありません。プロペシアが飲む育毛剤というのは大きな間違いです。

ここまで読んで下さった方なら何となく分かるかと思いますが、プロペシアは5αリダクターゼを抑制するだけです。

血行促進効果もなければ、細胞分裂を活性化させる効果もありません。血液をきれいにする効果もありませんし、血管を広げて血流を良くする効果もありません。

プロペシアの効果は、5αリダクターゼを抑制するだけです。

5αリダクターゼを抑制するだけのプロペシアが飲む育毛剤っておかしいですよね?

 

しかも、AGA以外の薄毛にプロペシアは効かない

先ほどもお話しましたが、プロペシアは5αリダクターゼを抑制する効果しかありません。つまり、「プロペシアにAGA改善効果はあっても、それ以外の薄毛原因には全く効かないということです。」

例えば、あなたの薄毛原因が以下に当てはまっていた場合、プロペシアを飲んでも薄毛は改善しません。

  • 血行不良
  • 髪の元になる栄養不足
  • 睡眠不足
  • 不衛生な頭皮環境
  • 頭皮環境の悪化

プロペシアには、血行促進効果もなければ、細胞分裂を活性化させる効果もありません。血液をきれいにする効果もありませんし、髪の元になるような栄養も含まれていません。

プロペシアは5αリダクターゼ抑制効果しかないので、AGA以外の薄毛には効かないんです。

 

プロペシアの副作用と禁忌

AGA以外の薄毛には効かないプロペシアですが、AGAの改善には効果があります。

ただ、プロペシアには強烈な副作用のリスクと禁忌があります。

 

プロペシアの副作用
  • 性欲減退
  • ED(勃起不全)
  • 頭痛・腹痛
  • 胃部不快感
  • 男性不妊症
  • 射精障害
  • 睾丸痛
  • 眩暈
  • 蕁麻疹
  • 肝機能障害
  • 精子形態異常
  • 薬を辞めても、副作用の後遺症が数年間残る可能性がある

プロペシアの副作用はかなり強烈です。薬を止めても副作用が残るリスクもあります。

さらに、プロペシアには以下のような禁忌(きんき)があります。

プロペシアの禁忌妊娠中またはその可能性がある女性は錠剤に触れる事も厳禁。妊娠中の方がプロペシアの有効成分に触れると、生まれてくる胎児の生殖器官や正常発育に影響を及ぼす恐れがある。

プロペシアの禁忌プロペシアの禁忌

 

プロペシアの副作用は年々問題が深刻化してきているようで、ヤフーニュースでもプロペシアの副作用について掲載されていました。

プロペシアの副作用

記事内では、プロペシアの服用によって、精子数の減少、無精子症、精子のDNAにダメージを与える恐れがあるなど、プロペシアの服用によって起こり得る副作用について触れています。

事実、2012年のアメリカでは、「プロペシアの服用を辞めても、性欲減退やED(勃起不全)などの副作用の症状が残った」として訴訟が起こっています。

海外では、プロペシアの有効成分が精子から女性に移らないように注意喚起がされているという話もあるほどです。

プロペシアが飲む育毛剤なんて大間違いですよね。

ネットでプロペシアを「飲む育毛剤」と書いている方達は、本当にプロペシアの効果や副作用を知っているのでしょうか。苦笑

 

まとめ

ここまで、プロペシアが飲む育毛剤ではない理由について説明してきました。

プロペシアはAGAの改善に効果はありますが、AGA以外の薄毛には効かない・意味がないので、プロペシアの服用には十分注意して下さい。

抜け毛をどうにかして減らしたい、少しでも早く薄毛を改善したい方には育毛サプリがおすすめです。

高品質な育毛サプリはAGAの改善から細胞分裂の活性化、髪の元になる栄養補給までトータルケアが出来るので、育毛サプリであれば「飲む育毛促進剤」と言えます。

育毛サプリは沢山売られていますが、その中でも特に抜け毛の改善・薄毛の改善に効果的な育毛サプリをまとめましたので1度ご覧になってみて下さい。

手軽でありながら、抜け毛原因を改善し髪の成長を促進してくれます。

>>髪に良い!育毛サプリのおすすめランキング

 

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。