育毛剤と育毛サプリ薄毛改善効果が高いのは?メリット・デメリット

育毛剤と育毛サプリメント。どちらも「育毛」と名前の付くものですから、髪に良い・髪を育ててくれそうということは分かりますよね。

では、育毛剤と育毛サプリメントを比較した場合、どちらの方が抜け毛・薄毛改善効果が高いか考えてみたことはありますか?

抜け毛・薄毛改善効果が高いのは育毛剤or育毛サプリメント。ネットでも意見が割れている問題ですが、ここでは育毛剤と育毛サプリメントのメリット・デメリットを比較して、抜け毛を減らす・薄毛を早期改善するために必要なことをまとめてお話しします。

育毛剤または育毛サプリメントの使用をお考えの方、抜け毛を少しでも早く減らしたい、薄毛を少しでも早く改善したいとお考えの方は最後までご覧になってみて下さい。

 

育毛剤と育毛サプリのメリット・デメリット

結論から先にお話しすると、育毛剤と育毛サプリメントは「どちらも取り入れた方が効果が高い」です。あなたも分かっていることだと思いますが、抜け毛・薄毛の改善に大切なことですのであえてお話しさせていただきました。

ではなぜ育毛剤と育毛サプリのどちらも大切なのかというと、それぞれのメリット・デメリットをご覧になって頂くと分かるかと思います。

育毛剤 育毛サプリ
メリット
  • 効果が早い
  • 頭皮環境を改善
  • 細胞分裂の活性化
  • 頭皮の血行促進
  • 飲むだけで良い
  • 体の中から育毛促進
  • 細胞分裂の活性化
  • 髪が生えやすい体を作れる
デメリット
  • 手間が多い
  • 体の外からしか育毛対策ができない
  • 効果が緩やか

 

育毛剤の使用目的と効果・効能

育毛剤の使用目的

育毛剤を使う目的は文字通り「髪の成長を促しサポートする」こと。抜け毛が増えたり、薄毛が進行する原因というのはさまざまにありますが、育毛剤はそれらの原因を改善しつつ髪の成長を促しサポートする働きがあります。

育毛剤は非常にたくさんの種類が販売されていますが、主な効果・効能は以下の4つです。

 育毛剤の効果・効能
  • 頭皮の血行促進
  • AGA(男性型脱毛症)の改善
  • 細部分裂の活性化
  • 頭皮環境の改善

頭皮の血行促進

ドラッグストアに売られている殆どの育毛剤はこのタイプに当てはまります。特に、配合されている成分が少ない育毛剤ほど「ほぼ血行促進効果しかない」といっても過言ではありません。

結局のところ、髪は血液から栄養や酸素を受け取らないと育たないので、頭皮の血流を促すことが育毛の基本になります。

育毛剤であれば血行促進効果は必ずありますので、その他の効果に注目することが損や失敗をしない為のポイントですね。

 

AGA(男性型脱毛症)の改善

薄毛に悩む男性の3人に1人が発症しているといわれているAGA(男性型脱毛症)

参考記事・AGAとは?原因と発症メカニズムの解説

一度AGAを発症すると、生え際が薄くなってオデコが広くなる、頭頂部の髪が薄くなる、生え際と頭頂部の両方が薄くなるなど成人男性特有の薄毛症状を招きます。

ですが、AGAは生活習慣の見直しやシャンプーを変えた程度では改善は不可能で、より専門的なアプローチと対策が必須になります。(専門的なアプローチが必要にも関わらずそれが出来ていない人が多いので、抜け毛や薄毛が改善しないといっても過言ではありません。)

生え際の薄毛、頭頂部の薄毛に悩んでいる方はAGAを発症している可能性が高いので、薄毛を改善させるためにもAGA対策が必須です(実際、AGAを改善することで薄毛が治るケースが非常に多いんです。)

最近の育毛剤は、この「AGAの改善に効果がある!」と宣伝しているモノが増えています。

ただ、中身を解析してみると「AGAの改善に効果がない育毛剤が非常に多い」ので、育毛剤を買ったあとに後悔や失敗をしない為にも予備知識を身につけておく必要がありますね。

参考記事・損をする可能性が高い?!AGA改善を謳った育毛剤には要注意

 

細部分裂の活性化

育毛剤の種類によっては、髪の成長をつかさどる「毛母細胞」や「毛乳頭細胞」を活性化させる成分を配合している育毛剤もあります。

このタイプの育毛剤は独自の研究によって開発された成分を配合していることが多く、試験データや確かな確証を得られない場合もありますが、「髪が細い・髪が柔らかいなど軟毛の方は効果を実感しやすい」傾向にあります。

ちなみに、キャピキシルいう成分には髪を太くする効果がありますので、軟毛の方は試してみる価値があるかと思います。

参考記事・キャピキシルの育毛・発毛効果を詳しく検証

 

頭皮環境の改善

育毛剤の種類によっては、頭皮を保湿したり頭皮の炎症などを抑えて、髪が生えてきやすいように頭皮環境を整える成分を配合した育毛剤があります。

様々な育毛剤を解析してみて分かりましたが、血行促進タイプの次に多いのが頭皮環境を改善させるタイプの育毛剤です。

10から20種類の成分を配合している育毛剤であれば、頭皮環境を整える成分を配合していますね。

 

上記の通り一言で育毛剤といっても、その種類によって得られる効果は違ってきます。ある程度成分について詳しいと中身を見ればおおよその効果が分かりますが、実際は中々それが難しい。

育毛剤を初めて使う方が失敗しない育毛剤の選び方をまとめていますので、これから育毛剤を初めて使う方は参考にしてみて下さい。

参考記事・初めて育毛剤を使う人が失敗しな「正しい育毛剤の選び方」

 

育毛サプリの使用目的と効果・効能

育毛サプリの使用目的

育毛サプリメントを飲む目的は、「髪の元になる栄養を補給しつつ、体の中から育毛と発毛を促進する」こと。

育毛剤と同様に育毛サプリメントもたくさんの種類が販売されていますが、主な効果・効能は以下の3つ。

 

育毛サプリの効果・効能
  • 髪の元になる栄養補給
  • AGA(男性型脱毛症)
  • 細胞分裂の活性化

 

髪の元になる栄養補給

髪は体の内側から生えてくるものですから、結局のところ髪を作るための栄養が不足していたら、いつまで経っても健康な髪は生えてきません。

東洋医学、特に漢方で髪は「血余」と言われています。漢字をそのまま読むと「血余は血のあまり」となりますが、ここでいう「血」とは血液だけでなく栄養やエネルギーなどもっと抽象的なものが含まれています。

つまり、髪の毛は体に余った栄養で作られるというわけです。実際、研究でも食事制限をしたダイエットを始めると抜け毛が増えることが分かっていますし、「栄養と髪は切っても切れない関係にある」わけです。

参考記事・不足していませんか?髪の元になる栄養

 

AGA(男性型脱毛症)

AGAについては育毛剤の項目で説明しましたよね。

AGAは体の中だけでなく、体の中からも改善していくことが本当に重要で「体の中からAGA対策をすることで薄毛の改善率もグンっと高まる」ようになります。

AGA対策ができるサプリの選び方は、AGA対策サプリの選び方・ポイントにまとめていますので、そちらをご覧になってみて下さい。(特に、生え際の薄毛・頭頂部の薄毛を改善したい方は必読です!)

参考記事・AGA対策サプリの選び方・ポイント

 

細胞分裂の活性化

育毛サプリによっては、髪の成長をつかさどる「毛母細胞」や「毛乳頭細胞」を活性化させる成分を配合した育毛サプリがあります。

髪の毛は毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことでニョキニョキと伸びてきますので、細胞分裂を刺激する成分を配合した育毛サプリが理想的ですね。

 

一言で育毛サプリといってもタイプがあるわけですが、どちらかというと育毛サプリは「髪が生えてきやすい土台(体)を作ること」が目的になります。

というのも、健康な髪を生やすためには体の中から変えていくことが重要なのですが、体の中を変えていくことは「あなたが思っている以上に時間がかかります。」

育毛サプリのデメリットに「効果が緩やか」と記載しましたが、その理由は「体の中を変えていくのに時間がかかるため」です。

 

抜け毛や薄毛を早期に改善させるには「これが基本」

育毛剤と育毛サプリの効果

抜け毛を少しでも早く減らしたい・薄毛を少しでも早く改善したいとお考えの方は、育毛剤と育毛サプリの併用を試してみてほしいと思います。

育毛剤と育毛サプリのメリット・デメリット一覧を改めてご覧になってみて下さい。

育毛剤 育毛サプリ
メリット
  • 効果が早い
  • 頭皮環境を改善
  • 細胞分裂の活性化
  • 頭皮の血行促進
  • 飲むだけで良い
  • 体の中から育毛促進
  • 細胞分裂の活性化
  • 髪が生えやすい体を作れる
デメリット
  • 手間が多い
  • 体の外からしか育毛対策ができない
  • 効果が緩やか

育毛剤と育毛サプリのメリット・デメリットを見た場合、育毛サプリに比べて育毛剤は効果が早いというメリットがありますが、体の中から育毛対策ができません。

反対に、育毛サプリは体の中から髪が生えてきやすく抜けにくい体質に変えていけますが、即効性がなく効果を感じるまで時間がかかります。

 

つまり、育毛剤と育毛サプリを併用することで「それぞれのデメリットを補うことができ育毛効果に相乗効果が生まれる」というわけです。

ネットを見ていると育毛剤を半年使っているにも関わらず「一向に髪が生えてこない」という方がいます。育毛剤と同様に、育毛サプリを半年飲み続けているけど「一向に抜け毛が減らない・髪が生えてこない」という方もいます。

育毛剤と育毛サプリはどちらも髪に成長を促してくれる優秀な促進アイテムです。

それにも関わらずなぜ抜け毛が減らなかったのか・髪が生えなかったのかというと、それぞれに共通するのは「育毛剤や育毛サプリのデメリットを理解していなかったからといえます(本当に効果のある育毛剤や育毛サプリを使っていることが大前提になりますが…)

例えば、育毛剤を半年使っても髪が生えてこなかった方は、育毛サプリを飲むことで体の中から育毛対策をしていれば3か月ほど経ったあたりで大きく変化と効果を感じられたかもしれません。

育毛サプリを半年間飲んで抜け毛が減らなかった方は、育毛剤を使っていたら3か月で変化と結果を感じられたかもしれないわけです。

もう少し分かりやすくするために、育毛剤をアクセル・育毛サプリ(髪の栄養)をガソリンに例えてみましょう。

車のスピードを上げるためにはアクセルを深く踏み込めば良いわけですが、アクセルを踏んだ(育毛剤を使った)としても「車を動かす(髪を生やす)ための肝心なガソリン」がなかったら車は一向に動きません(髪は生えてきません)よね。

それと同じく、いくらガソリンが満タンだったとしても、アクセルを踏まない限り車は一向に動かないわけです。

つまり、育毛剤または育毛サプリの片方のみを取り入れるよりも「両方取り入れた方が抜け毛・薄毛改善の効果は高い」ということ。

特に、即効性の観点を重視するなら両方取り入れた方が髪の悩みを短期間で改善できるといえます。

とはいえ、育毛剤と育毛サプリの両方を使うとなると出費が増えますし、ヘタな育毛剤や育毛サプリを選んでしまうと損をする可能性もあります。

ですので、まずは育毛サプリを飲む代わりに普段の食事や生活習慣に気を付けるようにしつつ、育毛剤を使ってみて下さい。

育毛サプリに比べて育毛剤の方が効果を感じられるのが早いですし、効果の高い育毛剤であれば抜け毛・薄毛の改善率もグンッと高くなります。

 

私の経験からお話しすると「何もしないと薄毛が悪化するスピードが速くなる」だけです。しかも、何もしなかったことを引きずって「あの時やっておけば…」「もっと早く決断してれば、ここまで酷くならずに済んだはず…」と後悔します。苦笑

抜け毛・薄毛対策は初期に近いほど効果を感じやすく、改善させるのも簡単になりますので、まずは効果の高い育毛剤を使って早めの対策をすることを強く勧めます。(私と同じような苦労はしてほしくないです)

どんな育毛剤を選んだら良いのか分からないという方は、育毛剤のおすすめランキングを一度ご覧になってみて下さい。口コミ評判の良い育毛剤を実際に使ってみて、成分・薄毛改善効果・値段・返金保証の4つを基準にランク付けをしています。

>>薄毛改善効果で決める!育毛剤のおすすめランキング

 

育毛サプリを使いたいという方は、以下にまとめた記事がありますので、そちらをご覧になってみて下さい。

>>髪に良い!育毛サプリのおすすめランキング

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

髪の悩みがない生活を取り戻すために、ご活用下さい。