髪のヘアサイクル(毛周期)とは?薄毛対策で知っておきたい基礎知識

髪のヘアサイクル(毛周期)とは、一定の周期で髪が生え変わることを言います。

髪が生えてきてグングン育ち、やがて髪の成長が止まり、成長が止まった髪はやがて抜け落ちる。そして再び髪が生えてくる。

この一連の流れ・周期をヘアサイクル(毛周期)というわけです。ようするにヘアサイクルとは髪の一生ということなので、人の一生と考えてもらうと分かりやすいかなと思います。

本当に必要な薄毛対策をしていく上で、ヘアサイクルは重要になってくるので覚えておいた方が良いですよ。

 

ヘアサイクル(毛周期)の3ステップ

髪のヘアサイクルには3つのステップがあります。

  • 髪がグングン育つ「成長期」
  • 髪の成長が鈍くなる「退行期」
  • 髪が抜けるのを待つ「休止期」

ヘアサイクル(毛周期)の3ステップ

この3つのステップを繰り返すことで、髪は一定の周期で常に生え変わっています。それでは、一つずつ解説していきます。

 

髪がグングン育つ「成長期」

成長期の期間は2~6年ほどあり、毛母細胞の分裂が最も活発で、髪が太く長くグングン育ちます。

人間でいうと、育ち盛りの10代ってところでしょうか。今生えている髪の、およそ9割が成長期の髪といわれています。

 

髪の成長が鈍くなる「退行期」

成長期が終わると、髪の成長が鈍くなる「退行期」がやってきます。

期間は2週間ほどあり、この期間になると髪の成長が一気に鈍くなります。青息吐息ってところでしょうか。

 

髪が抜けるのを待つ「休止期」

髪の成長が鈍くなる退行期が終わると、最後に「休止期」が訪れます。

期間は3ヶ月ほどあり、休止期になると髪の成長が完全に止まります。この期間に新しい髪が生えてくる準備が行われ、再び成長期に戻っていきます。

成長期に戻るときに新しい髪の毛に押し出される形で、古い髪が抜け落ちていきます。

 

ヘアサイクルは髪1本1本で違う

ヘアサイクルは人間だけでなく、犬や猫、ライオンにだってヘアサイクルがあります。

犬や猫の場合、季節の変わり目になると「こんなに毛が抜けて、よくハゲないなぁ」と驚くほど抜け毛が増えますよね。羨ましい限りです。苦笑

ただ、人間の場合ヘアサイクルは髪1本1本で違うので、犬や猫のように毛が一気に抜けることはありません。

人の髪は一気に抜けないので、ある日突然ハゲになる・薄毛になることもないのです。「朝起きたらツルッつるだった」なんて人は聞いたことがないですよね。

 

1ヶ月で伸びる髪の長さ

1ヶ月で髪は1cm伸びると言われていますよね。もちろんこれにも個人差があって、成長期の髪は1日0.3~0.5mm伸びると言われています。

なので、人によっては1ヶ月で1cm髪が伸びる人もいれば、1ヶ月で1.5cmほど髪が伸びる人もいるのです。

ちなみに、エロいと髪が早く伸びる!といった都市伝説がありますが、あれは科学的根拠が全くない単なる噂です。

10代の頃に「エロいから髪伸びるのが早いんだよ?」「お前ってムッツリスケベだなぁ」といったヤリトリをしたりしなかったりだと思いますが、簡単にいえば「10代だから細胞分裂が活発で髪が早く伸びていただけ」です。

エロと髪が早く伸びるは全く関係ないので、噂に惑わされないようにしましょう。

 

1日何本くらい髪は抜けるの?

ヘアサイクルを考えると、1日に抜ける髪の量は50~100本くらいは当たり前だということが分かります。

今生えている髪の10%はいつ抜けてもおかしくない髪の毛ですし、抜けても再び髪は生えてくるので1日50~100本くらいの髪が抜けても問題はないのです。

じゃぁ100本以上抜け毛があった場合は異常なの?

というと、極端な話、200本髪が抜けたとしても人によってはそれが正常といえます。

どうゆうこと?と感じるかもしれませんが、抜け毛の本数には個人差があるので「ここまでは正常で、ここからは異常」というのは断言できないのです。

問題なのは「抜け毛の本数よりも、抜け毛の質」

薄毛になる人の抜け毛には特徴があるので、それを知ることで「異常または正常」の判断ができます。

>>薄毛になる人の抜け毛の特徴。まずセルフチェックで自己診断