効果が高いと思います。

Deeper 3Dに配合されている成長因子は、最先端の毛髪再生医療にも使われています。もしも、毛髪再生医療で使われる成分に効果がなかったら「え?」「お金返して」ってなりますよね。苦笑

つまりDeeper 3Dに配合されている成長因子(グロースファクター)は、それだけ効果が高いといえます。

※ Deeper 3Dの気になることをまとめています。

 

そもそも成長因子(グロースファクター)って何?

Deeper 3Dに配合された成長因子とは

成長因子(グロースファクター)とは、動物の体内において特定の細胞の増殖や分裂を促進する内因性タンパク質の総称である。増殖因子、細胞増殖因子などともいう。Wikipediaより一部抜粋

成長因子は元々人の体に存在していて、細胞の分裂・成長を促す重要な働きをしています。 特に髪の毛の成長期に大きく関係していて、発毛を促す毛母細胞を活性化させる重要な役割を担っています。

で、この成長因子めっちゃ種類があります。

髪の成長と強烈に関係している成長因子もあれば、肌を綺麗に保つ成長因子もあり、さらには自律神経のバランスをとったり老化防止になる成長因子まで、もうね種類が多いんです。苦笑

なので、髪の成長に関係する成長因子だけをピックアップしますが、数ある成長因子の中でも薄毛改善に効果的とされるのはKGF・IGF・FGF・VEGF・EGF。

中でもKGFは《発毛促進因子》と呼ばれていて、細胞分裂を促進させ発毛を促す成長因子のようです。特に、こいつ(KGF)は髪がグングン育つ成長期と大きく関係していて、こいつが減ると髪の成長期が短くなってしまうようです。

ようするに、短い抜け毛の増加って事になります。

そしてもう一つが、IGFという成長因子。こいつ(IGF)も細胞分裂の活性化をするようですが、どうやら毛母細胞や毛乳頭の維持・増殖に働きかけるようです。

ようするに、生えてきた髪を抜けにくくするってこと。

つまり、こいつと(KGF)とこいつ(IGF)には、発毛を促して、生えてきた髪を抜けにくくする働きがあるって事になります。

成長因子ってすげー。重要じゃねーか!と思いますよね。 そして、そんな成長因子(グロースファクター)をDeeper 3Dは配合しているわけです。 他にも6種類の成長因子を配合していて、合計8種類もの成長因子をDeeper 3Dは配合しています。

Deeper 3D

成長因子を配合している育毛剤は他にはなく、今のところDeeper 3Dが唯一無二。 そりゃ今までの育毛剤では効果を得られなかった人でも実感できるわけです。

これらの理由から、個人的に成長因子には猛烈に興味があるので調べています。調べていますが、薄毛に悩むからといって成長因子について詳しくなる必要はないです。

知らないよりは知ってた方が良いですが、成分について詳しくなるよりも、薄毛対策を実践した方が薄毛回復に近付きます。成分について詳しくなっても、結局その成分を試してみないと効果の判断はできないので。

 

年齢と共に減る成長因子

髪の成長に大きく関係している、むしろ見過ごしちゃいけない成長因子ですが、様々な理由で成長因子の生産量が減っていくようです。

その中でも1番の原因が《加齢による成長因子の減少》

成長因子は20歳前後をピークに減少するとも言われていますが、成長因子の生産量が減ると、毛母細胞の働きが衰えて、細く短い抜け毛の増加、髪のミニチュア化、髪の発育不全に陥り薄毛になりやすくなるようです。

年齢を重ねるにつれて、キズの治りが遅くなったように感じますよね? あの現象も単なる「老化」ではなく、成長因子の生産量が減った証拠といえます。

で、最先端の毛髪再生医療では、成長因子を直接頭皮下に注入する方法が行われています。

 

成長因子を用いたハーグ療法

ハーグ療法とは、頭皮下に直接幹細胞から抽出した成長因子と成長に必要なビタミン、アミノ酸を混合したHARGカクテルを注入することで毛周期を正常なサイクルに戻し発毛を促す方法のこと。 Wikipediaより一部抜粋

このハーグ療法を行っているのは、育毛剤チャップアップの品質を認めている日本臨床医学発毛協会・会長の松山医師ですが、この最先端の毛髪再生医療が行えるのは日本医療毛髪再生研究会が認定している限られた医療機関のようです。

このハーグ療法は、日本毛髪再生研究会のデータによると発毛率が90%を超えるらしく、また副作用の報告がほとんど無く良いと評判ですが、いかんせん治療費が高い!

どれくらい高いのかというと、大体50~100万くらいの治療費が掛かるようです。高いんです!

確実に薄毛が回復するなら成長因子を使った再生医療を試したくなりますが、日々の生活を切り詰める身としては簡単に払える金額ではありません。

しかし、そんな最先端の毛髪再生医療で使われる成長因子がDeeper 3Dでは主体となっていて、自宅にいながら医療現場の育毛を体験できるようになっているわけです。

>>Deeper 3Dの効果口コミ・体験談レポート

 

医療クラスの育毛を自宅でできるDeeper 3D

deeper3d-seityouinshi-3

Deeper 3Dでは「通院せずに家庭でできる、医療クラスの育毛」がコンセプトになっているようですが、これは前途したハーグ療法をかなり意識して開発していると思います。

成長因子をエビデンス(科学的根拠)に基づき配合しているのは、今のところDeeper 3Dだけ。

この辺りにも「今までの育毛剤とは違うんだ」という拘りと育毛・発毛理論の深さを感じます。 実際Deeper 3D使ってみた私としても、この育毛・発毛力は今までの育毛剤で変化を感じられなかった方にこそ試してほしいと考えています。

成長因子を使った医療クラスの育毛を自宅で試してみたい方、または気になる方は、1度公式ページで詳細をご覧になってみて下さい。

>>Deeper 3Dの公式サイトはこちら

>>Deeper 3Dの体験談はこちら