Deeper 3Dの育毛液がピンク色なのはビタミンB12の特色によるものです。

私も初めて見た時は「まさか着色料使ってるの?」と誤解をしていましたが、Deeper 3Dは合成着色料を使っているわけではなく、あくまでも自然な色なのです。

※ Deeper 3Dの気になることをまとめています。

 

造血ビタミンと呼ばれるビタミンB12

造血ビタミンと呼ばれるビタミンB12

ビタミンB12は「赤いビタミン」「造血のビタミン」とも呼ばれていて、冒頭でも述べたとおり、Deeper 3Dの育毛液が鮮やかなピンク色をしているのはビタミンB12の特色によるもの。

なぜビタミンB12が配合されているかといえば「髪の成長にとって欠かせない栄養素だから」ですが、ビタミンB12はシアノコバラミンとも呼ばれていて、細胞分裂の活性化を促し、髪の元になるタンパク質の合成を促し、毛細血管を強化する働きがあります。

要するに「髪の成長促進に欠かせない栄養素であり抜け毛予防もしてくれる優秀な栄養素」がビタミンB12なのです。

特にビタミンB群は髪に良い栄養素なので、薄毛に悩む方は不足しないように意識して摂りたい栄養素でもあります。

 

現代人にとって不足しやすい栄養素ビタミンB12

整形外科では肩こり、腰痛など神経痛の治療薬として処方されるビタミンB12は、現代人にとって不足しやすいビタミンとされています。

ビタミンB12は水溶性のビタミン(ビタミンCと同じ)なので、身体の中に留めておくことができず吸収率が悪いのです。

どれくらい吸収率が悪いのか以前調べたことがありますが、食事内容や体調によっても変化するようなので具体的な数値化は難しいようです。

しかし同じ水溶性ビタミンであるビタミンCの場合、食事やサプリメントでとったビタミンCが皮膚組織に到達するのは1%にも満たないと言われているので、同じく水溶性ビタミンであるビタミンB12も同じではないかと推測しています。

そう考えると髪を育て抜け毛を予防してくれる髪に良いビタミンB12は、頭皮に直接塗布した方が効率的で効果的だということが分かります。

 

タバコを吸う人ほどDeeper 3Dが良いとされる理由

タバコって分かっていてもやめられません。

タバコが髪に悪いと分かっていても、煙草を辞めれば薄毛の改善が早くなると分かっていてもタバコって辞められないんですよね。

私も2年前までは、1日1箱、多い時は1日2箱を吸うヘビースモーカーだったので喫煙者の気持ちがよく分かります(禁煙に成功した方法はいずれ話したいと思います)

喫煙者の方は知っていると思いますが、タバコによって失う栄養素としてビタミンCが有名ですが、タバコを吸うことでビタミンB12が破壊されます。

タバコを吸うことで毛細血管の血流が悪くなり、ビタミンB12が破壊され髪の成長が驚くほど鈍くなる。 薄毛にとってタバコは邪悪そのものでしかありませんが、そんなことは言われなくても喫煙者なら分かってますよね。

分かっているなら、細胞分裂の活性化を促し、髪の元になるタンパク質の合成を促し、毛細血管を強化するビタミンB12は、喫煙者だからこそ意識して摂るべきといえます。

Deeper 3Dがタバコを吸う人におすすめとされているのも、ただでさえ不足しがちで、なおかつ失い易い髪に良いビタミンB12をDeeper 3Dは配合しているからこそ。Deeper 3D公式ページの下部にも記載されているので、喫煙者の方は一度ご覧になって見て下さい。

>>Deeper 3Dの公式サイトはこちら

 

まとめ

今までの育毛剤とはまったく違うDeeper 3D。 成長因子やキャピキシルについても触れましたが、調べてみるほどに薄毛対策に効果的な育毛・発毛の理論が深く、そして複雑に絡み合っていると感じます。

だからこそ、今までの育毛剤で変化を得られなかった方にDeeper 3Dをおすすめしていますが、小難しい事を書いたこの記事を読んでくれる人って少なそうだなぁ、喫煙者の人に読んで欲しいんだけどなぁと思いつつ更新しています。苦笑

重厚な青い瓶にピンクの育毛液Deeper 3D。 ピンク色の液体の正体が不足しがちなビタミンB12の特色で、それを頭皮に直接塗布できるとは思いませんよね。

Deeper 3D

不足しがちなビタミンB12を配合し、成長因子やキャピキシルなど計36種類もの育毛成分を配合したDeeper 3D。

今までの育毛剤で変化を得られなかった方、特に喫煙者の方におすすめです。まずは公式ページで深い育毛・発毛理論をご覧になって見て下さい。

>>Deeper 3Dの公式サイトはこちら

>>Deeper 3Dの効果・体験レポ