deeper-3dのキャピキシルの効果徹底検証

Deeper 3Dに配合されている話題のキャピキシル。

何てったって「キャピキシルにはミノキシジル3倍の育毛効果がある!」などと言われているわけですから、薄毛を効果的に改善する育毛剤選びにおいて「本当のところどうなの?」と気になっている方が多いと思います。

というわけで、今回はDeeper 3Dに配合されている話題のキャピキシルの効果について徹底的に検証していきます!※追記 キャピキシルには確かに効果がありました。

 

そもそもキャピキシルって何?

Deeper 3Dに配合されたキャピキシルとは

キャピキシルは、カナダのLUCAS MEYER COSMETICS社(ルーカスマイヤーコスメティクス社)というメーカーで開発された独自の成分で、どうやら成長因子と数種類の植物エキスをミックスした成分のようです。

このキャピキシルがミノキシジルの3倍もの育毛効果があるとされているわけですが、ここまではDeeper 3Dの公式ページを読むと誰でも分かります。苦笑

※ ちなみに、キャピキシルはAGAの根源5αリダクターゼの抑制にも効果があるようです。

で、どういった成分配合をしているのか調べてみましたが、さすがに企業秘密ということでキャピキシルの全貌は分かりませんでした。。。

そこで、キャピキシルの製造元ルーカスマイヤーコスメティクス社が公表しているデータを元に、キャピキシルには本当にミノキシジルの3倍の育毛効果があるのか徹底的に検証していきます!

 

キャピキシルがミノキシジルの3倍の育毛効果を表すデータ

ミノキシジルの3倍の育毛効果を表すグラフとして、ルーカスマイヤー社がこのようなデータを公表しています。

キャピキシルとミノキシジルを比較した場合

肝心なこのグラフの見方ですが、これはどうやら培養細胞を使った実験らしく、人の頭皮に直接ミノキシジルまたはアセチルテトラペプチド-3を塗布した実験とは違うようです。

※ アセチルテトラペプチド-3とは、キャピキシルに含まれる成分

じゃぁどういった実験を表したグラフなのかというと、培養細胞(毛乳頭や毛母細胞)に、ミノキシジルを加えた場合と、アセチルテトラペプチド-3を加えた場合の比較だと思われます。

その結果が、先ほどのグラフデータです。

  • ミノキシジル52%
  • アセチルテトラペプチド-3(キャピキシル)が156%

この数値が表しているのはようするに

培養細胞にミノキシジルを加えた場合と、何もしなかった場合を比較すると、ミノキシジルを加えた方は髪の成長活動が52%増加した

培養細胞にアセチルテトラペプチド-3を加えた場合と、何もしなかった場合を比較すると、アセチルテトラペプチド-3を加えた方は髪の成長活動が156%増加した

このデータを見比べると「本当にキャピキシルはミノキシジルの3倍効果があるじゃん!」ってなりますよね。

 

本当にミノキシジル3倍の育毛効果があるのか?

先ほどのデータをみると、キャピキシルにはミノキシジルの3倍の育毛効果があるように思いますよね。

想像してみて下さい。

例えば、1平方センチメートルあたりの頭皮にミノキシジルを塗布した場合、髪が20本生えた。それが、キャピキシルを塗布した場合だと60本もの髪が生えた。

ミノキシジルの3倍と聞いたら、ミノキシジルの3倍髪が生えるまたは増える!普通こう考えますよね?

だとすれは、もうミノキシジルなんていらねーじゃん!キャピキシルを配合したDeeper 3Dが薄毛改善に最強じゃん!となります。

が、そうは断言できないのです。

何故かというと先ほどのデータは、髪の成長活動を表すデータであって「生えた本数」のグラフではないから。

つまり、キャピキシルはミノキシジルの3倍髪の成長活動を促進する効果はあるものの、ミノキシジルの3倍髪の毛が生えるかは「分からない」というのが正しいかなと。

 

キャピキシルに効果はないのか?

じゃぁ「キャピキシルに効果はあるのか、ないのか」ってことが最も重要なポイントになりますが、キャピキシルに効果はあると思います。というか、あります。

キャピキシルには効果がある

何故なら、ミノキシジルの3倍髪の毛が生えるかは「分からない」が、キャピキシルにはミノキシジルの3倍髪の成長活動を促進するのは間違いないからです。キャピキシルがミノキシジルの3倍の育毛効果を表すデータ

その証明として、キャピキシルの開発元ルーカスマイヤーコスメティクス社がこのようなデータを出しています。

 

キャピキシルの効果を示す試験

キャピキシルの効果試験データ

上の画像は、キャピキシルの効果を確かめる為に行われた試験内容です。どんな試験が行われたのかというと

  • 平均年齢46歳のAGA患者30人に協力してもらった。患者は至って健康体である。
  • 15人にはキャピキシル5%を塗布、残り15人にはプラセボを塗布した。※プラセボとは有効成分の入ってない偽薬のこと。
  • 1日1回夜に20滴、キャピキシル5%およびプラセボ(偽薬)をそれぞれ4ヶ月間使ってもらった
  • 4ヶ月後、それぞれの使用前と頭髪の状態を比較した

 

キャピキシルとプラセボの計測方法

キャピキシルとプラセボの計測方法

これは、キャピキシルとプラセボを使った試験による毛髪の計測方法について説明されています。

Tricho Scanという装置を使って計測するようで、まず1.8平方センチメートルの広さに剃った頭皮を撮影し、そこから更に3日後に再び頭皮を撮影し、伸びた髪と伸びてない髪を判断するようです。

おそらく、成長期の髪と休止期の毛髪量を見分ける為だと想いますが、この計測方法を、キャピキシルおよびプラセボ使用前と使用後に行うことで、キャピキシルの育毛効果が判断できるわけです。

 

キャピキシルの効果試験の結果

これがキャピキシルを使った場合の効果試験データです。

キャピキシルの効果試験の結果

左側が成長期の毛髪量の変化、右側が休止期の毛髪量の変化。

  • 成長期の髪・・・発毛
  • 休止期の髪・・・抜け毛

ということになります。

 

成長期(発毛)の毛髪量の変化

成長期(発毛)の毛髪量の変化

このグラフを見ると、プラセボ(偽薬)を塗布した方が2%減少、キャピキシルを塗布した方が13%成長期の髪が増えたことが分かります。

キャピキシルを使ったことで成長期の髪が増えた=発毛が促進されたということです。

 

休止期(抜け毛)の毛髪量の変化

休止期(抜け毛)の毛髪量の変化

このグラフを見ると、プラセボ(偽薬)を塗布した方が23%増加、キャピキシルを塗布した方が29%休止期の髪が減ったことが分かります。

つまり、キャピキシルを使ったことで休止期の髪が減った=抜け毛が減ったということです。

 

成長期と休止期・毛髪量の割合変化

成長期と休止期・毛髪量の割合変化

このグラフは、成長期の髪の本数を、休止期の髪の本数で割った値のグラフです。

プラセボは33%減少しているのに対して、キャピキシルは46%増えています。

この結果から分かることは、キャピキシルを使うことで発毛が促進され抜け毛が減っていることが分かります。つまり、薄毛が改善されているということ。

 

画像による毛髪量の変化

先ほどまでのグラフを踏まえて、下の画像がキャピキシルを使った頭皮の画像です。

画像による毛髪量の変化

明らかに髪の量が増えてます。新毛が増えて、髪密度が濃くなっているのが分かりますよね。 Deeper 3Dに配合されているキャピキシルの育毛効果は間違いないようです。

 

キャピキシルはAGA対策(5αリダクターゼの抑制)に効果がある

ここまでキャピキシルの効果について検証してきましたが、そもそもこの試験は平均年齢46歳のAGA患者30人に協力してもらっていました。

つまり、AGA患者の頭皮において発毛が促進され、抜け毛が減ったということになります。

ということは、AGA対策(5αリダクターゼの抑制)が出来て、ミノキシジル3倍の育毛効果があるというのも間違いないかなというのが私の見解です。少なくとも、開発メーカーが試験データを公表しているので信憑性は高いと思います。

Deeper 3Dを試さずに後悔することはあっても、使ってみて失敗することはないと思います。ということは、私の頭皮に起きている確かな変化もやはり間違いないかなと。

今回検証したキャピキシルまたはDeeper 3Dの詳細は、公式ページをご覧下さい。

>>Deeper 3D公式ページはこちら

>>Deeper 3Dの体験談はこちら

 

備考

キャピキシルの効果について検証してきましたが、この記事を書く前に他のサイトを調べてみました。

が、キャピキシルに関する効果はボンヤリとしか検証されておらず「キャピキシルはミノキシジルの3倍効果があるんです!」ってそんなザックリした解説で効果が分かるかい!と。

誰もやってないなら自分で検証しようと思った結果、長くなってしまいました。

それと、今回キャピキシルの公開データは、カナダのLUCAS MEYER COSMETICS社によるものなので全文英語でした。 より確実性を高めるために、私の翻訳を、英会話学校で働いている帰国子女の友人に確認してもらっています。なので、原文の翻訳に関しては間違いないです。

>>Deeper 3D公式ページはこちら