あなたはAGAを発症している?症状からAGAをセルフチェック

最近やけに抜け毛が増えた気がする・・・
薄毛対策をしても全く効果を感じない・・・

もしかしたら、あなたの抜け毛・薄毛はAGAを発症している危険な状態かもしれません。

自分はAGAを発症していないか?セルフチェックしてみて下さい。

 

AGA(男性型脱毛症)を自己チェック

  • 抜けた髪の毛根部分が細く尖っている
  • そもそも毛根の付いてない抜け毛が多い
  • 細く弱々しい抜け毛が多い
  • 髪を切ってないのに短い抜け毛が多い
  • 産毛のまま髪が抜ける
  • 近い親族に薄毛の人がいる
  • 1年前と比べて明らかに生え際が後退している
  • 頭頂部の薄毛が気になる
  • 昔に比べて髪にハリやコシが無くなった

太字になった上から5番目までのチェック項目に3つ以上当てはまっている場合は、AGAの可能性が高いので要注意。

 

要注意という生温い言い回しをしていますが、20代30代で生え際や頭頂部の薄毛に悩んでいる男性は、今日からAGA対策を始めた方が良いです。

1度AGAを発症すると想像している以上に髪を取り戻すのが大変です。

私自身「まぁ自分は大丈夫だろう」だなんて甘く考えていなければ、薄毛の悩みで苦労することもなかったと後悔したので。。。苦笑

>>AGA改善サプリの選び方

 

抜け毛が多いのはAGAのサイン?

1日の抜け毛が◯◯本以上だとAGAの可能性があります!というのを見かけますが、抜け毛の本数でAGAの判断はできません。

ヘアサイクルの理論だと、1日に抜ける髪の本数は50~100本ほどであれば問題ありませんが、極端な話、1日の抜け毛が200本あったとしても人によっては正常です。

 

こういった方は、髪の生え変わり(ヘアサイクル)が人よりも早いだけで、体質によって抜け毛の本数は変わります。

ですから、抜け毛の本数でAGAを発症しているとは断定できないのです。

 

重要なのは抜け毛の本数ではなく、抜け毛の質!

冒頭のAGAセルフチェック項目で、特に重要なチェック項目として以下の5つがありました。

  • 抜けた髪の毛根部分が細く尖っている
  • そもそも毛根の付いてない抜け毛が多い
  • 細く弱々しい抜け毛が多い
  • 髪を切ってないのに短い抜け毛が多い
  • 産毛のまま髪が抜ける

AGAのセルフチェックにおいて重要なのは、抜け毛の本数よりも抜け毛の質です。

 

AGAを発症すると、髪が育ちにくくなる上に、今生えている髪の毛まで脱毛させます。

参考記事;AGAの原因と発症メカニズムを徹底解説

 

ようするに、AGAを発症すると髪が育ちきる前に抜け落ちるので、抜け毛を見ればAGAを判断できるということ。

成長期が短いまま抜ける = 質の悪い抜け毛

 

そしてAGAの影響を受けた質の悪い抜け毛の特徴が、5つのチェック項目というわけです。

  • 抜けた髪の毛根部分が細く尖っている
  • そもそも毛根の付いてない抜け毛が多い
  • 細く弱々しい抜け毛が多い
  • 髪を切ってないのに短い抜け毛が多い
  • 産毛のまま髪が抜ける

この項目に3つ以上当てはまり、なお且つ近い親族(親兄弟、祖父母)に薄毛の人がいる場合は、AGAを疑った方が良いです。

 

1度AGAを発症すると想像している以上に髪を取り戻すのが大変です。

髪は簡単に抜けるくせに、中々思ったように生えてきてくれません。

 

特に、20代30代で生え際の後退や頭頂部の薄毛に悩んでいる男性は、これ以上薄毛を悪化させない為にも、早急にAGA対策を取り入れていきましょう。

 

大切な髪と頭皮を守るのは、あなたの決断と行動です。

手遅れってことはないので、AGA対策の正しい方法を知って1日でも早く実践していきましょう!

>>AGAの原因と発症メカニズムを解説

>>最新版・AGA対策サプリおすすめ比較ランキング

 

植毛が必要な状態まで薄毛が進行したら、治療費だけで100万単位の費用が掛かるので、症状が軽いうちに対策を始めることが賢い選択です。

 

最後までご覧になって下さり、ありがとうございました。