損をする可能性が高い?!AGA改善を謳った育毛剤には要注意

薄毛に悩む男性の3人に1人が発症しているといわれるAGA(男性型脱毛症)

※ AGAとは、生え際が薄くなりおでこが広くなる、頭頂部の髪が薄くなる、生え際と頭頂部の両方が薄くなるなど成人男性特有の脱毛症のこと。

AGAはここ数年でたくさんの人に知られるようになりましたが、その結果ここ1.2年でAGAの改善を宣伝した育毛剤が激増しました。

抜け毛や薄毛に悩む男性の場合AGAの改善は必須ですので、AGAの改善を宣伝している育毛剤には何とも思いませんが、問題なのは本当にAGAの改善に効果があるのかどうかというところ。

ここでは、知らないと損をする可能性が高い最近増えているAGA改善を宣伝した育毛剤の特徴と、正しいAGA育毛剤の選び方をまとめています。

 

ここ数年で激増したAGA改善をうたった育毛剤

3年前まではAGAの改善を宣伝している育毛剤は5.6種類しかありませんでした。

それが今年(2016年現在)では、29種類もAGA改善を宣伝している育毛剤があります。わずか数年で6倍です。苦笑 私が把握している範囲ですので実際に数はもっと多いと思われます。

これだけAGAの改善を宣伝している育毛剤が増えているわけですから、抜け毛や薄毛に悩む人が年々増えていることが簡単に想像できますね。

ですが、29種類もあるAGAの改善を宣伝している育毛剤の中で、本当に効果のある育毛剤は極わずかです。多くても5.6種類しかありません。

つまり、AGAを改善するために育毛剤を選ぶにも関わらず、何も知らずに宣伝をそのまま信じてしまうと損をする可能性が非常に高いということです。

 

育毛剤の中身を解析してみると分かる真実

AGAの改善を宣伝している育毛剤の中身を解析してみると、殆んどの育毛剤はAGAの改善に効果が望めません。

そういった育毛剤の特徴をまとめると

  • AGA改善成分が1.2種類しか配合していない
  • AGAの改善に効果があるように見せているだけ

このどちらかに当てはまるモノが殆んどです。

その結果29種類もある中で、本当にAGAの改善に効果が望めそうな育毛剤は5.6種類しか残らないわけです。

根本的にAGAの改善は簡単ではありませんし、それが僅か1.2種類の成分だけでAGAを改善できるなら抜け毛や薄毛に悩む男性はいないはずです。

ましてやAGAの改善に効果があるようにら見せかけているだけなど論外ですよね。

ですが、そういった育毛剤があまりにも多いのが事実であり真実です。実際、育毛剤に配合されている成分を事細かく調べる方は少ないと思いますし、そもそも面倒くさいことはしたくないですよね。

その結果メーカーの利益ばかりが優先された育毛剤が横行していて、AGA改善効果をうたっていても「AGAの改善に効果がない育毛剤ばかりが多くなっている」わけです。

だからこそ、この記事を読んで下さっているあなたには騙されないで欲しいと思いますし、失敗や損をしないためにもAGAの改善にどんな成分が効果があるのかだけは知っておいてほしいと思います。

 

AGAの原因と発症メカニズム

すでにご存じの方もいるかもしれませんが、AGAは男性ホルモンが変異したDHT(ジヒドロテストステロン)が毛根内で増えると、抜け毛を増やし薄毛を進行させるメカニズムがあります。

ここで誤解しないで欲しいのは男性ホルモンが薄毛を招くのではなく、「男性ホルモンが変異したDHTが増えると薄毛を招く」ということ。

ネットでは「男性ホルモンが増えるとハゲる」と言われていますが、男性ホルモンが増えてもハゲることはありませんので、間違っても男性ホルモンを抑制しようだなんて考えないで下さいね(男性ホルモンが減ると、抑うつや性欲減退など心と体のバランスを崩す原因になります)

つまり、AGAを改善させるには男性ホルモンをDHT(AGAの原因)に変異させなければ良いわけです。

そして、男性ホルモンをDHT(AGAの原因)に変異させるのが5αリダクターゼと呼ばれる酵素の一種で、5αリダクターゼを抑制することでAGA治療を行っていきます。

DHT(AGAの原因)は、男性ホルモンと5αリダクターゼが結びつくことで増加する
↓ ↓ ↓
5αリダクターゼを抑制すればDHTが減る。
↓ ↓ ↓
DHTが減ればAGAによる脱毛症を治せる

というわけですね。

参考記事・AGAの原因と発症メカニズムの解説

 

AGAを改善(5αリダクターゼ抑制)する成分

AGAを改善(5αリダクターゼを抑制)する成分が以下の通りです。

・キャピキシル ・亜鉛・緑茶エキス・アゼライン酸・オウゴンエキス・チョウジエキス・ヒオウギエキス・ビワ葉エキス・グアバ葉エキスなど

AGA対策目的で育毛剤を選ぶさいは、最低限上記の成分が配合されている育毛剤を選ぶようにすることが大切です。

特に重要なのが、上記の成分を少しでも多く配合している育毛剤を選ぶことが重要なポイントで、AGAを改善する成分が多いことでそれぞれが相乗効果を起こしてAGA改善効果が高まります。

ですので、AGAの改善目的で育毛剤を選ぶさいは、失敗や損をしないためにも上記の成分が配合されているかどうか確かめてみて下さい。

 

まとめ

ここまで、最近増えているAGA改善を宣伝した育毛剤の特徴と、正しいAGA育毛剤の選び方についてお話してきました。

AGAの改善をうたった育毛剤はこれからも増えていくと思いますので、失敗や損をしない為にも効果のない育毛剤を選んでしまわないように注意して下さい。

ただ、薄毛に悩む男性はAGA対策が必須ですので、AGAを改善に導いてくれる育毛剤を使うことは大切なことです。

AGAの改善目的で育毛剤を注意点を説明しましたが、「どんな育毛剤を選んだら良いのか分からない」という方は、5αリダクターゼを抑制する育毛剤の選び方とおすすめランキングをまとめていますので一度ご覧になってもらえればと思います。

沢山ある育毛剤を比較しながら、どの育毛剤には効果があって、どの育毛剤だと効果が期待できないのかまで詳細に説明していますので、一度読んでいただければ失敗や損をしなくなると思います。

>>5αリダクターゼを抑制する育毛剤の選び方とおすすめランキング 

 

それでは、最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

髪の悩みがない生活を取り戻すためにご活用ください。