薄毛の対敵AGAとは?AGAの原因と発症メカニズムを解説

まだ若いのに髪が薄い、生え際が後退しておデコが広い、頭頂部が薄いなど、男性の薄毛に対してトンデモなく邪悪でしかないAGA

特に、自分は若ハゲ(20代30代)だと思う場合AGAを発症している可能性が極めて高く、それが40代以降になるとAGAを発症している可能性が格段に高くなると言われています。

そこで、ここでは男性の薄毛にとって大敵なAGAの原因と発症メカニズムについて解説していきます。

※ まずは、あなた自身がAGAを発症していないか自己検査をしてみてから読み進めると、より分かりやすくなるかと思います。

>>AGA対策サプリのおすすめランキング

 

そもそもAGAって何?

AGAとは男性型脱毛症の略で、生え際が後退しておデコが広くなる、頭頂部が薄くなるなど男性特有の症状で、主に成人男性に多く見られる脱毛症です。

いわゆる「M字ハゲ・てっぺん薄毛・若ハゲ」と呼ばれる男性の薄毛はAGAの可能性が高く、睡眠不足とは無縁の規則正しい生活を送っても、3食バランスの良い食事を摂っても、週4回ジムに通って運動をしても、それこそ年齢関係なく抜け毛が増えていき、薄毛が進行していく特徴があります。

「M字ハゲ・てっぺん薄毛・若ハゲ」にとって邪悪でしかないAGA

薄毛の原因がAGAだった場合、食生活や生活習慣の改善ではAGAの治療は不可能で、ドラッグストアで売られている育毛剤やシャンプーでも99%改善は困難といえます。

だからこそ、AGAによる脱毛症の対策・抑制をするには、より専門的なアプローチが必要になります。

 

AGAの原因

まず初めに断言しておきますが、AGAの原因は男性ホルモンではありません!一部の誤解した人が「AGAの原因は男性ホルモンです」というデタラメを拡散していますが、そういった裏付けや科学的根拠はありません。

AGAを発症するメカニズムは、男性ホルモンが薄毛の原因になるDHT(ジヒドロテストステロン)に変化することで発症します。

ようするに、男性ホルモンが増えて薄毛になるのではなく、男性ホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることが薄毛の原因なのです。

AGAの原因は、男性ホルモンではなく
AGAの原因は、男性ホルモンが変異したDHT(ジヒドロテストステロン)です。

 

AGAの根源!5αリダクターゼを知る

先ほど、AGAの原因は男性ホルモンではなく、男性ホルモンが変異したDHTであるとお話ししました。ではなぜ男性ホルモンがDHTに変異してしまうのか?

それを知るためには、5αリダクターゼという酵素について知る必要があります。

5αリダクターゼとは
5αリダクターゼとは、主に毛乳頭内または皮脂腺に存在している酵素の一種。
この5αリダクターゼという酵素に、男性ホルモンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変換させてしまう働きがあるのです。

つまり、5αリダクターゼと男性ホルモンが結びつくことで、AGAによる脱毛症が進行していくわけです。

では、5αリダクターゼによって生み出されたDHT(ジヒドロテストステロン)が、髪と頭皮にどのような影響を与えるのか見ていきましょう!

 

強烈な脱毛指令を出すDHT

AGAの原因DHTの怖いところは、健康な髪を育ちにくくさせる上に、今生えている髪の毛まで脱毛させてしまうのです。

以前、ヘアサイクル(毛周期)とは?という記事で、人の髪には成長期・退行期・休止期の3ステップがあるとお話ししました。

その中で、 髪がグングン育つのが成長期と解説しましたが、DHTが成長期の髪の毛に対して強烈な脱毛司令を出します。

その結果、健康な髪が育ちにくくなり、更には今生えている髪の毛まで脱毛させてしまうので薄毛が進行していくわけです。

AGAを発症したヘアサイクル

DHTが出す強烈な脱毛司令ったら鬼畜なまでにドドドS

頑張ってまだまだ成長しようとしている成長期の髪に対して「もう良いから抜け落ちてろよ」と一言。

「いやいやまだ頑張ります!」と成長期の髪が答えても「はっ?そんなの知らねーから」とDHTが強烈な脱毛司令を出して脱毛させます。

まだ若いのに生え際が後退しておデコが広い、頭頂部の髪が薄い、最近急激に抜け毛が増えた、抜けた髪の毛根が細く尖っている。このような方は、DHTの影響を受けて本来ならまだ育つはずの髪が抜け落ちているかもしれません。

また、薄毛対策をやっているけど、今一つ効果を実感できない方も、もしかしたらAGAを発症しているかもしれないので注意して下さい。

 

AGA対策は5αリダクターゼの抑制が基本!

ここまで、AGAの原因とDHT(ジヒドロテストステロン)、そして5αリダクターゼについて説明してきました。

ここまで読んだ方なら、何となく気がついていると思いますがAGA対策は5αリダクターゼの抑制が基本!です。

男性ホルモンを抑制するという方法もありますが、そもそも人の生理現象として男性ホルモンの分泌を抑制することはほぼ不可能です。

それどころか、男性ホルモンを抑制すると、うつ病や睡眠障害を招いたり、ED(勃起不全)など体と心を壊す原因になります。科学的根拠もあり症例として開示されている事実です。

AGAを発症するメカニズムは

AGAは、DHTが増えることで発症する

DHTは、男性ホルモンと5αリダクターゼが結びつくことで増加する

DHTが増えるとAGAを発症し、薄毛が進行する

このような発症メカニズムでした。

ということは、つまり男性ホルモンをDHTに変換してしまう5αリダクターゼを抑制すれば、DHTが減ってAGAによる脱毛症も改善できるということです。

DHTは、男性ホルモンと5αリダクターゼが結びつくことで増加する

5αリダクターゼを抑制すればDHTが減る。

DHTが減ればAGAによる脱毛症を治せる

というわけです。

なので、どスケベで精力絶倫で、体毛が濃くてムキムキで「あー見るからに男性ホルモンが人の3倍ありそう」であっても、5αリダクターゼさえ抑制すれば、ハゲないし薄毛にもならないってことになります。

AGA対策の基本は5αリダクターゼの抑制!と覚えておいて下さい。

 

AGAの原因と発症メカニズムを解説・まとめ

ここまで、男性の薄毛の大敵AGAについて説明してきましたが、AGAは放っておくと薄毛がドンドン進行する脱毛症なので、気づいたとき・知った時から早めの対策が重要になります。

特に、まだ若いのに髪が薄い、生え際が後退しておデコが広い、頭頂部が薄い、薄毛対策をしても改善しないという方は、AGAを発症している可能性が高いので、今すぐにでも行動を起こした方が良いです。

AGA対策が早ければ早いほど、薄毛が回復するのも早くなりますし、放っておくと薄毛を回復させるのが困難になっていきます。

決断と行動が、あなたの髪と外見を左右するのは間違いないので、自分の薄毛はAGAかもと感じる方は、AGA対策(5αリダクターゼの抑制)を行って下さい。

>>タイプの違う1型2型5αリダクターゼを抑制しAGAを改善する方法!

 

AGAの原因と発症メカニズムは分かったから、早くAGAを改善できるアイテムや方法を知りたい・使いたいという方は、フィンジアという育毛剤の効果・体験談レポートをご覧になって見て下さい。

AGAの改善、そして生え際の薄毛・頭頂部の薄毛を改善したい方に最適な育毛剤です。

>>フィンジアの効果・体験談レポートはこちら

 

最後までご覧下さり、ありがとうございました。