タイプの違う1型2型5αリダクターゼを抑制しAGAを改善する方法!

成人男性の薄毛にとって邪悪でしかないAGA。そんなAGA対策の基本は、5αリダクターゼの抑制が基本であると説明してきました。AGAの原因と発症メカニズムを解説

ここでは、確実にAGAを改善するために知っておきたい5αリダクターゼの違いと、効果的に5αリダクターゼを抑制する3つの方法について説明していきます。

>>AGA対策サプリのおすすめランキング

 

5αリダクターゼの抑制に対する誤解

まず初めに断言しておきますが、ドラッグストアで販売されている商品を使っても5αリダクターゼの抑制はほぼ不可能です。当然、生活習慣やシャンプーを変えても5αリダクターゼは抑制できません。

と言うのも、5αリダクターゼを抑制するにはより専門的なアプローチと対策が必要で、シャンプーや生活習慣の改善では5αリダクターゼは抑制できないのです。

AGAによる薄毛の改善が難しいと言われている理由もここにあります。ただ、難しいというだけで不可能というわけではなく、AGA(男性型脱毛症)を招く5αリダクターゼの違いを知ることで、効果的な抑制方法が分かるようになります。

 

1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼ

AGAを招く5αリダクターゼには、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの2種類が存在しています。

 

1型5αリダクターゼ

主に皮脂腺に存在していて、身体中にある

 

2型5αリダクターゼ

主に毛乳頭内に存在していて、前立腺や頭皮など限られた場所に存在している

 

AGAの影響を強く受けるのは2型5αリダクターゼ

1型と2型5αリダクターゼを知ると「じゃぁどっちを抑制すればAGAを改善できるんだ」ってことになりますが、最近の研究では2型5αリダクターゼの方がAGAの進行に対して大きな影響を及ぼしていると考えられています。

  • 2型5αリダクターゼの影響を受けてない男性は、AGAによる薄毛が殆どみられない
  • AGAによる薄毛(生え際の後退・頭頂部の薄毛)の症状がみられる場合、2型5αリダクターゼを抑制した方が薄毛の改善率が高い

つまり、AGAによる薄毛を改善するなら2型5αリダクターゼを抑制した方が効果的ということになります。

 

1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼを抑制する成分

AGAによる薄毛を改善するなら2型5αリダクターゼの抑制をメインにするべきですが、1型5αリダクターゼの抑制も同時に取り入れていくと尚良いです。

 

1型5αリダクターゼの抑制成分

ノコギリヤシ・亜鉛・緑茶エキス・アゼライン酸(小麦など穀類に含まれる)・オウゴンエキス・チョウジエキス・サンショウエキスなど

 

2型5αリダクターゼの抑制成分

ノコギリヤシ・亜鉛・アロエエキス・リモネン・ヒオウギエキス・フィナステリドなど

 

5αリダクターゼを抑制する成分は上記の他にも、キャピキシル、センブリエキスやローズマリーエキス、ビタミンB6.B12、クワハエキス、イラクサ根エキスなどに効果があるとされています。

これらの成分を普段の食事で摂ることは重要ですが、思ったような効果は得られません。なぜなら、それぞれの栄養素は単体では吸収率が悪く、上記の成分を2.3個摂ったくらいでは5αリダクターゼの抑制はできないのです。

無意味ではありませんが、5αリダクターゼの抑制(AGA対策)をするなら効率的で効果的な方法をとる必要があります。

※ キャピキシルに関しては、副作用がない上にAGA改善効果があることが臨床試験の結果分かっていることですので、安全性と信憑性の高いAGA改善効果のある成分といえます。

>>キャピキシル配合育毛剤とキャピキシルの効果解説

 

5αリダクターゼを抑制(AGA対策)する3つの方法

5αリダクターゼを抑制する3つの方法は、以下の3つです。

  • 育毛サプリと育毛剤で5αリダクターゼの抑制
  • AGA専門治療薬で5αリダクターゼの抑制
  • AGAクリニックでAGA治療

 

育毛サプリと育毛剤で5αリダクターゼの抑制

育毛サプリと育毛剤で5αリダクターゼを抑制するメリットは、副作用がなく5αリダクターゼを抑制できるところ。

AGA専門治療薬になるとED(勃起不全)や性欲減退、抑うつ感や肝機能不全など副作用のリスクがありますが、育毛サプリと育毛剤ならこういったリスクがなく5αリダクターゼの抑制(AGA対策)ができます。

もちろん選び方が重要ですが、1型2型5αリダクターゼを抑制できる成分が一つでも多く配合されているサプリや育毛剤を選ぶことがポイント。

特に、2型5αリダクターゼは身体の内側から抑制した方が効果的なのでサプリ選びは重要です。抑制成分の吸収率が高まる配合になっているサプリなら、髪の元になる栄養も配合されているので薄毛対策として即効性が期待できます。

>>AGA対策サプリのおすすめランキング

>>5αリダクターゼを抑制する育毛剤の選び方

 

AGA専門治療薬で5αリダクターゼの抑制

5αリダクターゼ抑制を抑制する最も有効な方法がAGA治療薬で、現在日本で認可されているのは、フィナステリド含有の「プロペシア」という治療薬のみです。

名前を知っている方も多いと思いますが、フィナステリドは5αリダクターゼを抑制する成分の名前で、治療薬の商品名がプロペシアです。

AGA治療薬のデメリットは、ED(勃起不全)や性欲減退、抑うつ感や肝機能不全など、強烈な副作用のリスクを伴うところ。

このAGA治療薬はクリニックまたは個人輸入代行のどちらかで買えます。個人輸入代行を利用すればクリニックよりも安く済みますが、副作用が起こった場合は全て自己責任です。

私はAGA治療薬を飲んだことがありませんし、これからも飲むつもりもなく、その必要性も感じていません。副作用のリスクを考えるとお勧めできません。

悪徳な業者に騙されないためにも個人輸入代行業者の選び方が重要ですし、副作用が心配な方はクリニックで処方してもらうことをお勧めします。

 

AGAクリニックでAGA治療

クリニックの場合は、医師の判断の元プロペシアを処方してもらいAGAによる薄毛を治療していきます。

診察料が掛かったり、個人輸入代行でAGA治療薬を買うよりも高くなりますが、薄毛の進行具合や症状を知ることができ、医師と相談しながらAGA治療を行えるのは精神的に大きなメリットです。

お金に余裕のある方は、AGAクリニックで受診してみては如何でしょうか。

 

5αリダクターゼの抑制まとめ

腹立たしいことに、髪を失うのは驚くほど簡単なのに、取り戻すには時間がかかりますしAGAが原因になると髪を失うのが以上に早くなります。

AGAは放っておくて薄毛がドンドン進行する脱毛症なので、気づいたとき・知った時から一早くAGA対策(5αリダクターゼの抑制)をした人が、より短期間で生え際の薄毛・頭頂部の薄毛を解消できるといえます。

ここで説明した5αリダクターゼの抑制方法を取り入れて、より短期間で薄毛を改善していって下さい。徐々にでも確実に髪が生えてくると、それだけで日々の生活が楽しく前向きになると思います。

>>AGA対策(5αリダクターゼ抑制)ができるサプリの選び方

 

最後までご覧くださり、ありがとうございました。