育毛と発毛をゴリ押しする質の高い睡眠の取り方まとめ

以前、睡眠不足や質の悪い睡眠は『抜け毛を増やし薄毛を進行させる』と説明しました。

その中で、睡眠のゴールデンタイムは眠り始めの3時間で深い眠りにつくこと、質の高い睡眠をとる事とお話ししました。睡眠不足で抜け毛が増えるのは当然で薄毛を進行させる。

そこで今回は、薄毛対策!育毛と発毛をゴリ押しする質の高い睡眠の取り方を紹介していきます!

育毛剤や育毛サプリを飲んでいる方は、その効果を更に高めるためにも実践してほしいですし、朝目が覚めて「体がダルい」「寝たのに疲れが取れない」という方も実践してみて欲しいと思います。

質の高い睡眠を実践したら、効果を感じやすいのでおすすめです!

 

育毛・発毛を促す!質の高い睡眠のとり方

これから質の高い睡眠のとり方を説明しますが、『一度に全てを変える必要はありません。』

というのも、今まで当たり前のようにとっていた習慣を変えるのは大変ですし、一度に全部改善しようとすると「結局どれもやらずに辞めてしまう」ので。

まずは『とりあえず、出来ることから試してみる』くらいの気持ちで、少しずつ変えながら続けていく事が大切です。

一つ改善するだけでも、睡眠の質が高くなりますからね。

寝る3時間前には食事を済ませる

寝る前の食事は睡眠の質を下げる

食べた後すぐになると、胃で消化している真っ最中に寝ることになります。食べ物を消化している間は、体がリラックス出来ないので眠りの質が悪くなるんですね。

なので、寝る3時間前には食事を済ませておくことが、育毛・発毛を促す質の高い睡眠への第一歩です!

今まで食べた後にすぐ寝るのが習慣だった方は、これを辞めるだけで翌朝のスッキリ感が全く違うと思います。

どうしても何か食べないと眠れないという場合は、ホットミルクを飲むと良いと思います。お腹も満たされるし、体もリラックス出来るので効果的です。

 

寝酒を辞める

寝酒は睡眠の質を下げる

寝る前にお酒を飲む方も多いと思いますが、食べ物と同じで、アルコールを分解している間は体がリラックス出来ません。つまり寝酒も眠りが浅くなる原因なので、出来れば辞めた方が良いです。

「ちょっとなら寝酒も良いでしょ」と思うかもしれませんね。確かに少量のお酒なら眠りを促しますが、寝酒に頼らないのがベストです。

なぜなら、初めは少量でも体がアルコールに慣れていき、少量の寝酒では足りず寝酒の量が増えていくので。少量の寝酒ならOK。ただし、寝酒に頼らないのがベストです。

 

寝る前のカフェインを避ける

寝る前のカフェインを辞める

寝る前にカフェインを沢山摂ると、夜中に眼が覚める中途覚醒の確率がグンっと高くなります。

途中で眼が覚めるという事は、それだけ眠りの質が下がる事に繋がるので、寝る4時間前くらいからはカフェインの多い飲み物は避けた方が良いです。

カフェインの多い飲み物

コーヒー・紅茶・緑茶・ウーロン茶・ココア・コーラ・

ただ、どうしても寝る前にお茶やコーヒーが飲みたい!という方は、楽天やアマゾンで「ノンカフェイン お茶」「ノンカフェイン コーヒー」で検索すると沢山出てくるので調べてみて下さい。

コーヒー好きな私も、寝る前はノンカフェインのコーヒーを飲んで、眠りの質が悪くならないようにしています。

 

寝る直前にスマホやPCの明るい画面を見ない

寝る前のスマホやパソコンを辞めて睡眠の質を高める

寝る前にスマホやPCを見ている方が多いと思いますが、スマホ画面のような強い光を見てから寝ると、体は寝ているのに「脳がリラックス出来ず」眠りの質が下がります。

寝る前はスマホやPCの画面を見ないのがベスト!それでも触ってしまうという方は、画面の明るさを極力落として使うようにしましょう。

スマホ画面の明るさの違い

スマホ画面の明るさを変えて撮影しましたが、その差は歴然ですね。どちらが睡眠の質を下げるのか、試してみると良く分かります(明るいと目がチカチカしますから)

 

ぬるめのお風呂に入る

ぬるめのお風呂は睡眠の質を高める

ぬるめのお風呂、それも38~40度くらいのお風呂に入ると、心と体がリラックスし日中のストレスを和らげてくれます。しかも血行促進まで出来るので育毛に最適です。

ぬるめのお風呂を寝る2時間前までに済ませておくことで、ストレス解消+寝つきが良くなる+深い睡眠に繋がるので本当におすすめです!

 

ストレッチで体をほぐす

寝る前のストレッチって中々続かないんですよね。。ですが、寝る前にストレッチをする事で、筋肉のコリを和らげ血流が促されます。

しかも、心と体がリラックスするので深い睡眠が取れるようになります。

さらに、ストレッチをすれば、寝る前にスマホやPCの画面を見ずに済みますし、血行も良くなるなり眠りの質が高まるなどいい事尽くめなので、寝る前のストレッチも本当におすすめです!

 

薄暗い部屋で寝る

薄暗い部屋で寝ると睡眠の質が高くなる

真っ暗な部屋ではなく「薄暗い部屋で寝る」というのがポイント。というのも、部屋を真っ暗にすると外部からの刺激がなくなり、今日起こった出来事や、過去にあった悪いできごとを思い出して考え出してしまうのです。

そうなると、脳も体もリラックス出来ないので眠りの質が下がってしまいます。

間接照明を用意したり、カーテンをちょっと開けて月明かりを部屋の中に入れて薄暗い部屋で寝るのがポイントです。

真っ暗な部屋で寝るのが習慣になっている方は、無理に変える必要はありません。

 

朝起きたら朝日を浴びる

朝日を浴びると睡眠の質が上がる

朝起きてから朝日を浴びることで体内時計をリセットし、夜になったら眠くなるように働きかけます。

朝日を浴びることは誰もが行っている事だと思いますが、何気ない行動が眠りの質を高める効果があったんです。

 

眠りの質を高めることが重要

ここで紹介した質の高い睡眠をとる方法は、髪を育てる成長ホルモンの分泌がピークになる『眠り始めの3時間で深い眠りにつくための方法』です。

睡眠のリズムと成長ホルモンの分泌グラフ

※成長ホルモンの分泌量が増加するのは深い眠り(ノンレム睡眠)のとき。

髪が最も育つのは睡眠中であり、それは「寝ている間に成長ホルモンが分泌される事で毛母細胞が活性化し、髪がグングン育つから」と以前説明しましたよね。

だからこそ、質の悪い睡眠をダラダラ10時間取るよりも、質の高い睡眠を4時間半とった方が、髪の成長に繋げられます。

なぜ4時間半なのかというと、睡眠のリズムというのは浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)を、およそ90分感覚で繰り返しているからです。

育毛・発毛にとって質の高い睡眠をとることが非常に大切です。

睡眠不足や質の悪い睡眠が抜け毛を増やし、髪の成長を鈍らせるということについては、睡眠不足で抜け毛が増えるのは当然で薄毛を進行させる。こちらをご覧になって下さい。

 

まとめ

育毛・発毛を促す!質の高い睡眠のとり方は、いくつかポイントがあったので改めてまとめておきます。

  • 寝る3時間前には食事を済ませる
  • 寝酒を辞める
  • 寝る前のカフェインを避ける
  • 寝る直前にスマホやPCの明るい画面を見ない
  • ぬるめのお風呂に入る
  • ストレッチで体をほぐす
  • 薄暗い部屋で寝る
  • 朝起きたら朝日を浴びる

これを見ると「全部を改善するのは大変だな…」と感じるかもしれません。ただ、冒頭でもお話しした通り『一度に全部を変える必要はありません。』

今まで当たり前のようにとっていた習慣を変えるのは大変ですし、一度に全部改善しようとすると「結局どれもやらずに辞めてしまう」ので。

まずは『とりあえず、出来ることから試してみる』くらいの気持ちで、少しずつ変えながら質の高い睡眠に近付けていくことが大切です。

育毛剤やサプリメントを飲んでいるなら、育毛剤やサプリを飲んだ後に質の高い睡眠をとれば、その効果を更に高める事が出来るようになります。育毛にとって眠りは本当に大切です。

少しずつ質の高い睡眠に近付けていって下さい。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!