違いが分かりにくい... 育毛剤と育毛トニックの違いは?併用はありなしどっち?

育毛剤と育毛トニック。名前は似ているものの値段は圧倒的に育毛トニックの方が安いので、「育毛トニックを育毛剤替わりに使っている方もいます。」

ただ、育毛剤と育毛トニックは中身も使用目的も全く違う別物だということを知って使っている方は以外と少ないです。

始めにお話しておくと、育毛剤と育毛トニックの併用はNG、そして肌質や頭皮環境によっては育毛トニックを使う事で抜け毛が増える可能性もあります。

ここでは、育毛剤と育毛トニックの違いや、なぜ併用がNGなのかまとめました。

 

育毛剤と育毛トニックの違い

育毛剤と育毛トニックは同じ「育毛」と名前が付いていますが、中身も使用目的も全く違います。その違いをザックリ説明すると

  • 育毛トニック・・・薄毛予防のために使う
  • 育毛剤・・・髪を育て、発毛を促すために使う

薄毛予防と薄毛改善ですので、使用目的が全く違いますよね。

 

育毛トニックの中身と使用目的

育毛トニックの中身は50~80%が水とアルコールで作られていて、頭皮のフケや臭い・群れを防ぎ、頭髪に関する不快症状をなくすことを目的に使用する。

まず知っておいて頂きたいのは、育毛トニックとはあくまでも造語で、本来はヘアトニックというのが正しい名称です。

「育毛トニックとは」と検索してもwikipediaなどで説明されないのは、育毛トニックが造語で本来はヘアトニックが正しい呼び方です。

なぜヘアトニックが育毛トニックと呼ばれるようになったのかというと、ヘアトニックでは売れないと判断した大手化粧品メーカーが名前を「育毛トニックに変える事で売れると判断した。だからヘアトニックを育毛トニックに変えた」ためといえます。

我々のような一般消費者を錯覚させる為によく行われる手法ですね。

ここでは、ややこしくならないように育毛トニックに統一して説明しますが、育毛トニックはヘアトニックの造語てしかないと覚えておいて下さい。

 

話を戻しますが、育毛トニックの中身は殆んど水とアルコールと香料で作られています。

水とアルコールと香料です。

育毛トニックをつけると清涼感があり頭皮がスースーするので、「いかにも血行が促されていると感じますが実際は少し違います。」

多少は血流が促されているかもしれませんが、頭皮がスースーする正体は育毛トニックに配合されたアルコールやメントールによる刺激であって、頭皮がスースーする = 頭皮の血行促進ではないのです。

「本当に?」と思うかもしれませんが、思い出してみて下さい。注射をする前には必ずアルコール消毒をしますが、その時も同じように肌がスースーしますよね。

その時に「肌がスースーするから血行が促進されてるなぁ」なんて思いますか?

思いませんよね。育毛トニックのCMを見ていると「頭皮がスースーする清涼感 = 血行促進」と表現されていますが、それは大手メーカーによって刷り込まれているだけであって正しい知識ではないのです。

以前までの私を含め、多くの方が「頭皮がスースーする清涼感 = 血行促進と思い込まされています」が、育毛トニックの血行促進効果は微々たるものです。

育毛トニックは、頭皮のフケや臭い・群れを防ぎ、頭髪に関する不快症状をなくすことを目的に使用する。

つまり、育毛トニックはあくまでも薄毛予防効果しかありませんので注意して下さい。

 

育毛剤の中身と使用目的

育毛剤チャップアップ

抜け毛を予防し、ふけ、かゆみを抑え、発毛を促すために使う製品。

育毛に効果があると認可されている有効成分を配合し、血行を良くし毛根に活力を与える効果や抜け毛原因の改善に効果がある成分を配合している。医薬部外品に分類される育毛料。

育毛剤は血行を促進し毛根に活力を与え、発毛を促すために使います。

育毛剤は、先ほどのヘアトニックとは中身も使う目的も全く違うということが分かりますよね。

 

育毛剤と育毛トニックの使用目的の違いは

  • 育毛トニック・・・薄毛予防のために使う
  • 育毛剤・・・髪を育て、発毛を促すために使う

このように、育毛剤と育毛トニックそれぞれの使用目的が全く違うことが分かって頂けたかと思います。

 

使用目的が違う育毛剤と育毛トニック

育毛トニック

先ほど育毛剤と育毛トニックの使用目的は

  • 育毛トニック・・・薄毛予防のために使う
  • 育毛剤・・・髪を育て、発毛を促すために使う

とお話しました。

つまり、抜け毛や薄毛を改善したいのに「薄毛予防しかできない育毛トニックを使い続けていては、いつまで経ってもその悩みは解消できない」ということです。

ドラッグストアなどで簡単に手に入る育毛トニックは1,000円程度で買えますが、仮に1,000円程度の商品で髪の毛が生えてくるなら育毛剤も高額な食物も必要ないですよね?

植毛なんて数百万単位でかかりますから。

育毛トニックよりも値段の高い育毛剤や植毛の存在を知っていれば、わずか1,000円程度の出費で髪が生えてくるとは到底思えなくなるはずです。

ただ、抜け毛や薄毛の悩みがあるとどうしても「育毛」と名の付く商品が気になりますし、それが簡単に試せる金額であれば使ってしまうのも当然です。

私自身が過去に育毛トニックを使えば抜け毛や薄毛の悩みが解消できると思って使い続けていました。苦笑

ですので、あまり偉そうなことはいえませんが、育毛トニックで抜け毛や薄毛の悩みを改善させることはほぼ不可能です。

それどころか、あなたの肌質や頭皮環境を知らずに育毛トニックを使い続けていたら抜け毛が増えて薄毛が悪化する可能性があります。

 

育毛トニックを使うと抜け毛が増えるって本当?

あなたの肌質や頭皮環境を知らずに育毛トニックを使い続けていたら、「抜け毛が増えて薄毛が悪化する可能性があります。」

なぜ抜け毛や薄毛が悪化する可能性があるのかというと、育毛トニックに多量に含まれるアルコールに問題があります。

髪や頭皮というのは基本的にタンパク質から出来ていますが、多量のアルコールは髪や頭皮のタンパク質を分解させてしまうのです。

つまり、何となく髪に良いだろうと思っていた行動が、実は薄毛を進行させている可能性が高いということ。育毛トニックはシャンプーをした後に使う場合が殆どだと思いますが、それはようするに

  • 綺麗になった頭皮を「さらに消毒する」
  • 綺麗になった頭皮に「さらに清涼感を与える」
  • 綺麗になった頭皮の水分をさらに奪う

髪の悩みがない方が育毛トニックを使うならまだしも、抜け毛や薄毛の悩みがある方がシャンプーをしたあとのキレイな頭皮にさらに刺激を与えたら、抜け毛や薄毛が悪化する可能性は高くなります。

また、頭皮は刺激が加わると厚く硬くなる性質があると言われていますので、抜け毛や薄毛の悩みがある方はアルコールや添加物の多い育毛トニックの使用は充分注意した方が良いです。

 

それなら育毛剤はどうなのかというと、育毛剤も育毛トニックと同じようにシャンプーをした後に使いますが

  • シャンプーをして綺麗になった頭皮に栄養を与える
  • シャンプーをして綺麗になった毛穴から毛根へ有効成分を届ける
  • シャンプーをして綺麗になった頭皮を保護し保湿する

育毛剤はまさしく「髪を育て、発毛を促すために使います。」

育毛剤と育毛トニックは名前だけは似ていますが、中身も使用目的も全く違いますよね。

 

育毛剤と育毛トニックの併用はNGの理由

冒頭でもお話しましたが、育毛剤と育毛トニックの併用はNGです。

先ほどまでお話した通り育毛剤と育毛トニックの使用目的が全く違うという理由はもちろんのこと、育毛剤であれば育毛トニックの効果をふまえていますので、育毛トニックまで買う必要は無いんです。

基本的に、育毛剤には血行促進効果の他に、AGA改善効果や毛母細胞の活性化、頭皮環境の改善や保湿効果などがあります。

それに比べて、育毛トニックは血行促進効果しかありませんので、育毛剤を使っている場合は育毛トニックの血行促進効果を得られているので育毛トニックを併用する必要がないんです。

それに、せっかく育毛剤で育毛・発毛を促したのに、育毛トニックを使って頭皮に余計な刺激を与えてしまっては結果的にマイナスに作用しかねませんからね。

ですので、間違っても育毛剤と育毛トニックは併用はしないよう注意して下さい。

 

まとめ

育毛剤と育毛トニックの違いなどについてお話してきましたが、抜け毛や薄毛の悩みがある方には育毛トニックの使用はおすすめしません。

正直なところ「外見を左右する大切な髪の毛を失わない為にも育毛トニックの使用は避けて下さい」と心から思いますが、育毛剤と育毛トニックの値段を考えると強く勧められない弱さもあります。

ただ、いくら値段が安くても育毛トニックを使って抜け毛や薄毛が悪化したら意味がないと思っています。

先ほどもお話しましたが、育毛トニックに髪を育てたり髪を生やす効果はありません。それどころか肌質や頭皮環境によっては、抜け毛や薄毛を悪化させる可能性もあります。

出費は少ないが髪の毛を失う。

何が良いかは人それぞれの価値観によるものですが、薄毛は確実に人生を狂わせる病気です。

薄毛の悩みがあるだけで、人と話していても相手の視線が気になります。風が強い日は外出することすら嫌になります。

ハゲとか薄毛とか陰口を言われないか気になるようになります。もしかしたら、もう既に気になっている方もいるかもしれません。
そんなことが続くと、いつの間にか人に会うことすら嫌になります。

髪が薄くても死ぬわけではありませんが、薄毛は確実に人生を狂わせる病気です。そして、病気であるからこそ治療することができます。

抜け毛を少しでも早く減らしたい、生え際の薄毛・頭頂部の薄毛を改善させたい方は、薄毛対策の効果で決める育毛剤のおすすめランキングをご覧になってみて下さい。

沢山ある育毛剤の中から実際に購入して試した育毛剤をランキングにして、薄毛治療に最適なものだけを厳選しています。

>>育毛剤のおすすめランキングはこちら

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。