薄毛を改善させるために 育毛トニックを使わない方が良い理由

育毛トニックと呼ばれる商品の殆どは肌刺激が強くて、人によっては薄毛を進行させる可能性があるからです。

 

中身の成分を見ると分かりますが、乾燥肌・敏感肌など肌の弱い方は、育毛トニックなる商品の使用はお勧めできません。

むしろ髪と頭皮のことを思うなら使わない方が良いです。

 

男性も女性も関係ありません。

育毛トニックの効果や使い方やランキングを調べる前に、この記事を読んで、もう1度冷静に考えてみて下さい。

 

ちなみに、この状態になるまでに育毛トニックは一切使っていません。

育毛剤を使って生えました

>>髪を増やす育毛剤おすすめ比較ランキング

↑抜け毛を減らしたくない方は、絶対にクリックしないで下さいね。

 

1.000円程度の商品で髪が生える?わけがない

サクセスにしても、リアップにしても商品名に「育毛トニック」と付いているので、あなたの目的が髪を育てるという事は分かります。

分かりますが、冷静に考えてみて下さい。

 

もしも、1.000程度の商品で髪が生えるのであれば、育毛剤は必要ありますか?

もし1.000円程度の商品で薄毛を改善できるなら高額な毛髪再生医療も必要ありますか?

毛髪再生医療はウン十万、植毛なんて数百万もします。

 

商品名に「育毛」と付いているので、育毛トニックが髪に良さそうと感じますが、実際は1/1000も効果を感じられないのが現実です。

実際、育毛トニックの効果を期待して使ってみたものの何も得られず、クレームが殺到したという商品もあります。

 

なぜ育毛剤があるのか、なぜ何十万円もする毛髪再生医療があるのか。

それにも関わらず1.000円程度の商品で、髪が本当に生えてくるのか?もう1度考えてみて下さい。

 

 

サクセスは育毛トニックであって育毛剤ではない

育毛トニックと育毛剤を同じだと思っている方も多いわけですが、2つは似ているようで中身は全くの別物です。

どれほど違うのかというと「うどん」と「そうめん」くらい違います。

ちょっと似てるからと言って、うどんとそうめんを間違える人は中々いないと思いますが、育毛剤と育毛トニックは全くの別物なのです。

 

話がずれましたが、試しに花王サクセス育毛トニックのHPをご覧になってみて下さい。

抜け毛を防ぐとは書いてありますが、一言も「髪が育つ」といった表現は使われていません。花王サクセスHPはこちら

 

HPを見ると、独自の成分t-フラバノンという成分とニコチン酸アミドのたった2つをゴリ押しして、如何にも髪に良さそうな気配を漂わせていますが、たった数種類の成分で髪が生えてくるなら誰も薄毛に悩みません。

そもそも育毛トニックでは、薄毛の回復はほぼ不可能といえます。

 

育毛トニックという言葉自体が造語。正しくは「ヘアトニック」

育毛トニック

育毛トニックが造語なら、どんな呼び方が正しいのかというと「ヘアトニック」が正しい呼び方です。ようするに、「育毛トニック」とはメーカーが作った造語ということ。

 

じゃぁヘアトニックとは、どんなモノなのかというと

ヘアトニックとは、ふけ・頭臭を防いで、頭髪を清潔に保つ効果、かゆみ・蒸れを防いで、頭髪に関する不快症状を消し去る効果、抜け毛を予防し養毛効果を期待して使用する。 引用:Wikipedia

 

上記はウィキペディアから引用しましたが、一方コトバンクではこのような定義・解釈になっています。

ヘアトニックとは、養毛作用のある頭髪用の化粧品。

アルコールを基剤とする頭髪用化粧品の一種。香水の機能のほか,毛根,頭皮に対する刺激,殺菌,栄養補給などの作用をして,かゆみやふけを押え,さわやかな感じを与えるなどが効用に数えられ,トニック (強壮剤) と称している。 引用:コトバンク

実は、ヘアトニックに分類される商品の中身は50~70%が水とアルコールで、そこに有効らしい成分をちょっと足しているだけ。

 

冒頭で、育毛トニックを使うと肌刺激が強くて、人によっては薄毛を進行させる可能性があるとお話ししたのも、アルコールや肌刺激の強い成分がヘアトニックには沢山配合されているからなのです。

特に、乾燥肌・敏感肌などで肌の弱い方が育毛トニックを使ったら、頭皮が荒れたり炎症を起こす可能性が高いといえます。

実際、肌の弱い私は、何年か前に育毛トニックを使って頭皮が荒れて抜け毛がめちゃくちゃ増えた経験があります。

 

育毛トニック = ヘアトニック

 

という事は、有名なサクセス育毛トニックにも、フレッシュリアップ薬用育毛トニックも、中身はほとんどが水とアルコールなのです。

水とアルコールを頭皮に塗布して、髪が生えるはずがないですよね。

 

ちなみに、サクセス薬用育毛トニックの効果については、サクセス育毛トニックの効果で抜け毛や薄毛は改善するのか?こちらで解析していますのでご覧になってみて下さい。

 

アルコールの何がいけない?

メイクや肌ケアを行う女性の方は詳しいと思いますが、男性の場合、自分の肌に触れる成分について知らない・そもそも興味ないという方がほとんどだと思います。

 

ヘアトニック(育毛トニック)の何がいけないのか?厳密にいえば、ヘアトニックに多量に含まれるアルコールの何がいけないのかというと、肌に必要な水分まで奪ってしまうから。

乾燥

アルコールには抗菌、防腐、清涼などの効果もありますが、多量のアルコールが肌に触れると、アルコールが蒸発するときに肌に必要な水分まで一緒に奪ってしまい頭皮が乾燥します。

 

それどころか、頭皮を乾燥や紫外線から守り、細菌の侵入を防いだりなど重要なバリア機能を果たしてくれる、肌常駐菌という菌を殺菌させてしまうのです。

その結果、頭皮の荒れや炎症が悪化し、抜け毛が増える可能性が高くなるわけです。

 

アルコールだけでなく、dl-カンフル、ビロクトンオラミンなどといった肌刺激の強い成分も同じく、肌のバリア機能を破壊します。

これでもまだ、育毛トニックを薄毛対策または予防に使いたいと思いますか?思いませんよね。

 

抜け毛予防はできる…かもしれないけど期待は出来ない

ここまで育毛トニックの裏側やデメリットばかり触れてきましたが、じゃぁ育毛トニックを使うメリットはないのか?と考える方もいるかもしれないので触れておきます。

 

育毛トニックを使って髪が生えてくる、薄毛を劇的に改善できることは無いというのが大前提ですが、それでも抜け毛予防は出来るかもしれません。

 

育毛トニックがヘアトニックと同じだとしても、中身がほとんど水とアルコールだとしても、有効らしい成分は配合されています。

それと、使った後に頭皮がスースーする清涼感を活かしてデオドラントとして使う分には良いかもしれません。

梅雨から秋口の6月~9月辺りにかけて、皮脂で頭皮がベタつく時期に脂性肌の方が使う分には良いかもしれません。

 

ただ、期待はしない方が良いです。

抜け毛が増える原因、薄毛になる原因は一つでは無いので、抜け毛予防はできるかもしれないけど期待はしない方が良いです。

もちろん、乾燥の酷い冬に使うのは避けた方が良いですし、肌の弱い方は育毛トニックは使わないのが基本です。肌刺激が強いので絶対です。

育毛トニックのメリットを無理やり上げてみましたが、ちょっと無理がありますね。苦笑

 

薄毛を改善するなら、将来を考えるなら使わない方が良い

育毛トニックの効果や使い方、ランキングなどを調べていた方は、抜け毛が気になり始めた方、もしくは薄毛を何とか改善したいと考えているのだと思います。

 

思いますが、薄毛を改善と将来のことを考えるなら育毛トニックは使わない方が良いです。なぜなら、中身の50~70%が水とアルコールで肌刺激が強くて、場合によっては薄毛を進行させる可能性が高くなるから。

 

個人的には、育毛トニックに1.000円ほどのお金を使うくらいなら、同じお金でストレス発散をした方が断然髪と頭皮の為になると思います。それでも、育毛トニックを使うようであれば「過度な期待はしない」ようにして下さいね。

あなたの外見を大きく左右する、大切な髪と頭皮を守るのは、あなた自身です。

 

備考

増え続ける抜け毛を減らしたい、生え際の薄毛・頭頂部の薄毛を改善したい方は、育毛剤おすすめランキングをご覧になって見て下さい。

 

  • どんな育毛剤を選べば良いのか分からない
  • 育毛剤選びで失敗したくない
  • お金も髪の毛も無駄にしたくない
  • 少しでも早く薄毛を改善させたい

 

実際に買って使ってみた育毛剤の中から厳選して紹介しています。

育毛剤を使って生えました

自力で、ここまで回復させたので信憑性は高いはずです。

>>最新版・育毛剤おすすめランキング

>>抜け毛も薄毛も予防する育毛サプリの比較ランキング

 

最後までご覧下さり、ありがとうございました。