睡眠不足で抜け毛が増える原因と新常識睡眠のゴールデンタイムまとめ

大前提として睡眠不足は抜け毛が増えますし薄毛を進行させます。

夜遅くまで起きていたり、寝不足が続いた日の翌朝、ニキビが出来ていたり肌荒れが気になる事ってありますよね。

「肌も頭皮も同じ皮膚」なので、寝不足で肌に異常が現れるということは、頭皮や髪にも異常が起こって抜け毛が増えている可能性があります。

ようするに、睡眠不足は育毛の大敵でしかないんです。

ここでは、睡眠不足によって抜け毛が増える原因や、新常識!睡眠のゴールデンタイム、髪を育てる成長ホルモンについてなど、睡眠と薄毛について説明していきます!

>>髪に良い!育毛サプリのおすすめランキング

 

なぜ睡眠不足だと抜け毛が増えるのか?

睡眠不足で抜け毛が増える原因は、体の休息・回復・成長がうまく機能しなかったからです。

というのも、人の睡眠には「心と体と脳の疲れやストレスを取り除き、日中に受けた体のダメージを回復させる働き」があります。

つまり、睡眠不足の翌朝にニキビや肌荒れが起こるのは、体の機能回復が間に合わず前日のダメージが残っているから肌荒れが起こるのです。

そして「寝不足の影響が最も出やすいのが肌や髪の毛」なので、肌に異常が現れるということは、頭皮や髪にも異常が起こり『抜け毛が増えている』と考えられるわけです。

 

寝不足は抜け毛を増やし、髪の成長を鈍らせる

基本的に髪は、寝ている間に最も育ちます。厳密にいうと「成長ホルモンが分泌される睡眠中だから髪が最も育つ」のです。

成長ホルモンとは:
身体の疲労やダメージを回復させるために脳が出すホルモンの一種。成長ホルモンが分泌されることで細胞が活性化し、身体のダメージが回復し成長します。

女性ならご存知だと思いますが「美肌は夜につくられる」と言いますよね。これは、寝ている間に成長ホルモンが分泌されることで細胞が活性化し、綺麗な肌を作るからなのです。

髪の毛も同じで、睡眠中に成長ホルモンが分泌されることで毛母細胞が活性化し、髪がグングン育ちます。

つまり、睡眠不足になると抜け毛が増えて、髪が育たなくなるわけです。

 

髪を育てる成長ホルモンは大人になると減る

思い出してみて下さい。

子供の頃はヘトヘトになるまで遊んでも、翌朝目が覚めると元気いっぱいで、前日の疲れなんて感じませんでしたよね。

寝る子は育つと言いますが、子供が前日の疲れを感じない理由はズバリ「成長ホルモンの分泌が盛んだから」なんです。

子供は体を大きく育てるために、睡眠中に成長ホルモンがタップリと分泌されるので、前日の疲労を上回る回復と成長が続いています。

ですが、大人になると成長ホルモンの分泌量そのものが減ってしまいます。

成長ホルモン分泌グラフ

10代をピークに、20代になると成長ホルモンの分泌がガクッと下がっていますよね。

それにも関わらず、大人が睡眠不足になると「ただでさえ少ない成長ホルモンの分泌が更に減ってしまうので髪が育たなくなる」というわけです。

睡眠不足で成長ホルモンの分泌が更に減る
↓  ↓  ↓
成長ホルモンが減ると髪が育たない
↓  ↓  ↓
睡眠不足で抜け毛が増える。薄毛が進行する。

10代の頃寝不足が続いても薄毛になりにくかったのは、成長ホルモンの分泌が盛んだったからと言えます。

「寝る子は育つ」というコトワザも、色んな意味で間違ってないということです。

そして、大人になると成長ホルモンの分泌量が減りますが、『睡眠の質を高める事で成長ホルモンの分泌を高める』ことができます。

それが睡眠のゴールデンタイムです。

 

睡眠のゴールデンタイムはいつだ

睡眠のゴールデンタイムといえば、あなたはいつだと思いますか?

睡眠のゴールデンタイム

おそらく多くの方が、夜10時~深夜2時までの時間を想像すると思います。

それは「半分正解」です。

規則正しい生活をしている場合、夜9時頃に成長ホルモンが分泌され始め、午前1時~2時頃にかけて成長ホルモンの分泌がピークを迎えます。

ただし、睡眠のゴールデンタイムが夜10時~12時というのは、昔の日本人のライフスタイルに照らし合わせたもので、現代人には殆んど当てはまりません。

つまり、睡眠のゴールデンタイムが夜10時~深夜2時というのは、古い常識でしかないということです。

現代人が規則正しい生活を送り、毎日10時~12時の間に寝ることって中々難しいですよね。仕事によっては昼夜逆転をしていたり、夜遅くまで仕事をしている場合もありますから。

仮に、夜10時~深夜2時の間に寝ないとハゲるとしたら、深夜勤をやっている方は全員ハゲということになります。しかし、実際は違いますよね。深夜勤をやっている私の友人は髪がフサフサです。

それに最近の研究によって睡眠のゴールデンタイムと寝る時間帯はあまり関係がないことが分かっています。

 

新常識!育毛・発毛を促す睡眠のゴールデンタイム

不規則な生活になりやすい現代人にとって、髪の成長を促す睡眠のゴールデンタイムは

眠り始めの3時間で、途切れることなく深~い眠りにつくことです。

というのも、睡眠中に分泌される成長ホルモンは『眠り始めの3時間の間にピークを迎える』ので、ここで途切れることなく深い眠りにつくことが重要なポイントです。

睡眠のリズムと成長ホルモン

※グラフの波形は、睡眠のリズムと成長ホルモンの分泌を表したもの。睡眠は、浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)を、およそ90分感覚で繰り返し起床するまで続きます。そして、成長ホルモンの分泌量が増加するのは、深い眠り(ノンレム睡眠)の時です。

上記のグラフをご覧になってもらうと分かりますが、深~い眠り(ノンレム睡眠)になるほど成長ホルモンの分泌量が盛んになります。

反対に、眠りが浅くなるほど成長ホルモンの分泌量が下がります。つまり「髪の毛が育たなくなる」というわけです。

眠り始めの3時間で深い眠りにつければ、成長ホルモンの分泌量が盛んになるので、睡眠のゴールデンタイム(眠り始めの3時間)を意識して寝ることが大切です。

 

育毛・発毛を促す「深~い眠り」とは質の高い睡眠である!

先ほど『睡眠のゴールデンタイムは、眠り始めの3時間で深い眠りにつくこと』とお話ししました。

深い眠りと聞くと「何となく分かるけど、何となく分からない」というイマイチピンとこない方もいるかもしれません。

例えば、朝目が覚めた時に前日の疲れが抜けなくて、体がダルかったり重かったり、中々ベットから出られないことってありますよね?

それは「眠りが浅くて質の悪い睡眠だった証拠」です。つまり成長ホルモンの分泌が少なかったということ。

反対に、睡眠時間は短くても「いつもより体が軽いな」「今日は調子が良いな」と、前日の疲れを全く感じずに起きられる時もありますよね?

身体の軽い目覚めが質の高い睡眠

それが「眠り始めの3時間で深い眠りについて、質の高い睡眠がとれた証拠」なんです。

深い眠り、つまり質の高い睡眠をとれた日の翌朝は、体が軽くて調子が良いと感じられるわけです。

あなたは普段、【髪の成長を促す質の高い睡眠がとれていますか?】 朝目が覚めて「体が重いな…」と感じたら、髪の成長に悪影響な質の悪い睡眠になっているかもしれません。

 

何となく長時間寝るよりも、質の高い短眠の方が育毛には良い

育毛・発毛にとって、睡眠不足も質の悪い睡眠も殆んど変わりません。ようするに、『抜け毛が増えて、髪の成長が鈍るという点は同じ』ということです。

じゃぁ長時間寝れば育毛・発毛にとって良いのか?というと、それも微妙です。

新常識!睡眠のゴールデンタイムでもお話ししましたが、髪を育てる成長ホルモンの分泌量は眠り始めの3時間でピークを迎えます。

そして眠りのリズム(レム睡眠とノンレム睡眠)というのは、およそ90分間隔を繰り返しています。

睡眠のリズムと成長ホルモン

と言うことは、ダラダラと質の悪い睡眠を10時間とるよりも、質の高い睡眠を4時間半とった方が育毛には良い!ということです。

実際、私は毎日4時間半ほどの睡眠ですが、朝起きて「体がだるい…」「何となく疲れてる…」と感じることが殆んどありません。

睡眠の質を意識するまでは、休日になると昼前まで寝てしまい、しかも中々起きれない・疲れが取れない状態でしたが、今ではそんな時もあったなぁと懐かしく感じるほどです。

これも質の高い睡眠を意識して、質の悪い睡眠にならないよう心掛けているからこそだと思っています。

 

質の悪い睡眠に繋がる6つの習慣と行動

朝目が覚めて「体がダルいな…」「昨日の疲れが残ってるな…」と感じる方は、質の悪い睡眠に繋がる以下の行動をしていないか思い返してみてください。

  • 寝る前の食事
  • 寝酒
  • カフェインの摂り過ぎ
  • 激しい運動
  • 熱いお風呂
  • 寝る前の考え事
  • 明るい部屋で寝る

特に、夜中に目が覚めてしまう方は要注意。それは眠りが浅く質の悪い睡眠になっている証拠です。

成長ホルモンの分泌は年齢と共に減少していくとお話ししていますが、ただでさえ少ない成長ホルモンの分泌量が減らないように、質の高い睡眠を取るように心がけましょう。

髪を育てる、髪を生やす為には質の高い睡眠を意識することが大切です。

抜け毛や薄毛が心配な方は、育毛と発毛をゴリ押しする質の高い睡眠の取り方をまとめたのでご覧になってみて下さい。

育毛剤やサプリメントを飲むなら、なおさら重要で必須で大切なポイントです。

>>育毛と発毛をゴリ押しする質の高い睡眠の取り方まとめ

 

抜け毛・薄毛を少しでも早く改善したい方におすすめ

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!