《男性ホルモンの分泌が増えるとハゲ・薄毛になる》この噂は本当?

半分本当で半分ウソです。

実際は、男性ホルモンが増えると薄毛を招くというよりも、増えた男性ホルモンが脱毛ホルモンに変異してしまうのが薄毛の原因です。

男性ホルモンが増えると薄毛・ハゲになると昔から言われているので、真実が気になっている方も多いと思います。

そこで今回は、男性ホルモンが増えると薄毛になる人の共通点や、男性ホルモンが増えてもハゲない為に必要な対策について説明していきます!

※ 他にもこんな噂がありますが、どれも検証しています。

 

男性ホルモンの分泌が増えるとハゲると言われているのはなぜか?

この問いに関しては色々と考えられますが、おそらく、ヒゲや体毛の濃い男性で薄毛の人が多かったからではないか?と考えられます。

ヒゲや体毛が濃くて薄毛の男性が多かった
↓  ↓  ↓
ヒゲや体毛が濃いって事は男性ホルモンが多い
↓  ↓  ↓
男性ホルモンが多いと薄毛になる

実際、体毛が濃くなる原因の一つは男性ホルモンが関係しているので、ある意味で理にかなった理屈だと言えます。

ただ、男性ホルモンが多いからといってハゲ・薄毛になるわけではないのです!

 

男性ホルモンの分泌が増えて薄毛になる人の共通点

男性ホルモンの分泌が増えて薄毛になる人には、ある共通点があります。

その共通点とは《AGAを発症しているかどうか》です。

AGAとは男性型脱毛症の略で、AGAを発症すると髪が育ちにくくなるだけでなく、今生えている髪の毛まで脱毛してしまい薄毛が進行していきます。

AGAと男性ホルモンは大きく関係していて、男性ホルモンが増える事でAGAのリスクも格段に高まるわけです。

ただ誤解しないで欲しいのですが、男性ホルモンがAGAと大きく関係していても、繰り返しになりますが男性ホルモンが薄毛の直接的な原因ではないということ。

AGAを発症するメカニズムは、男性ホルモンが変異したDHT(ジヒドロテストステロン)が増えることで薄毛が進行すると分かっています。

>>薄毛の大敵AGAとは?原因とメカニズムを解説

つまり、どんなに男性ホルモンが増えようとAGAを発症していなければ薄毛にはならないということです。

筋肉隆々でガチムチの人でも、ヒゲも体毛も濃くて見るからに男性ホルモンが多そうでも、エロくて変態なスケベ男子だとしても、AGAさえ発症していなければ薄毛にはなりません。

※ 薄毛の原因が、睡眠不足や髪の栄養不足、血行不良だった場合は、髪が薄くなる可能性もありますが。

また男性ホルモンが薄毛の直接的な原因ではない根拠として、とある博士の実験データがあります。

 

男性ホルモンが薄毛の直接的な原因ではない根拠

先ほど、男性ホルモンが薄毛の原因ではなく、AGAを発症しているかどうかが問題と説明しましたが、その根拠となるデータがあります。

そのデータがハミルトンの実験。これは、アメリカのハミルトンという博士が、男性ホルモンと薄毛の因果関係を試験したものです。

その実験によると

  1. 去勢された男性、つまり睾丸を摘出され男性ホルモンを作り出せなくなった人はハゲになることはなく、ハゲが進行中の人の睾丸を摘出した場合ハゲはそれ以上進行しない。
  2. ハゲ進行中に去勢され、ハゲの進行が止まっていた人に男性ホルモンを注射すると再びハゲた。
  3. 元々ハゲていなかった男性は、去勢された後男性ホルモンを注射してもハゲない。

これだけを見ると「やっぱり薄毛の原因は男性ホルモンじゃね?」となりますが、この3つの中で重要なポイントになるのが3番目の「元々ハゲていなかった男性は、去勢された後に男性ホルモンを注射してもハゲない」というところ。

ようするに、男性ホルモンは薄毛を招く原因の一つにはなるが、男性ホルモンの分泌量が多いからといってハゲるわけではなく、体質的にハゲになりやすい人の男性ホルモンが増えるとハゲになりやすいということです。

じゃぁ体質的にハゲやすい人ってどんな人かというと、AGAを発症しやすいかどうかということになるわけですね。

 

男性ホルモンが脱毛ホルモンに変わることが問題

AGAを発症するメカニズムは、男性ホルモンが変異したDHT(ジヒドロテストステロン)が増えることで薄毛が進行すると冒頭で説明しました。

つまり、男性ホルモンが脱毛ホルモンであるDHTに変異してしまうことが問題なのです!

じゃぁ男性ホルモンをDHTに変異させるのは何かってことなのですが、5αリダクターゼという酵素の一種が男性ホルモンをDHTに変異させることが分かっています。

つまり、体質的に男性ホルモンが増えるとハゲやすい人というのは、男性ホルモンをDHTに変異させる5αリダクターゼの影響を受けやすいということです。

先ほども言いましたが、筋肉隆々でガチムチの人でも、ヒゲも体毛も濃くて見るからに男性ホルモンが多そうでも、エロくて変態なスケベ男子だとしても、AGAさえ発症していなければ薄毛にはなりません。

だからこそ、どんなに男性ホルモンの分泌が多くてもハゲ・薄毛になる事はないのです。

なので、男性ホルモンが増えてハゲないか?薄毛にならないか心配な方は、AGAを発症してないかセルフチェックで確認してみて下さい。

>>AGAを発症している?セルフチェックで自己検査

 

現代人は男性ホルモンが減りやすい

男性ホルモンが薄毛の直接的な原因ではないと分かってもらえたと思いますが、それでもまだ「薄毛の原因は男性ホルモンだ!だから、男性ホルモンを抑制する事が必要なんだ!」と考える方がいるかもしれません。

ですが、インスタント食品が多く、ストレスフルな現代人は男性ホルモンが減りやすいと言われているのです。

女性に対して消極的な男性を表現した「草食男子」なんてのは、まさに男性ホルモンの低下を表している言葉だと思いませんか?

また、年々日本人の鬱・鬱予備軍の増加 ・ED人口が増えているのも男性ホルモンの低下が招いた現象でもあり、実際、鬱を発症している患者さんに男性ホルモンを注射する場合もあるそうです。

そして、私達が思っている以上に男性ホルモンは、体と心に密接な関係があるのです。

 

男性ホルモンが低下すると招く症状

  • ED(勃起障害)
  • 記憶力・集中力の低下
  • 抑うつ感・落胆・不安・疲労感などの精神・心理症状
  • 発汗・ほてり・睡眠障害などの身体症状

男性ホルモンが低下する事でED(勃起不全)を招くのは有名な話ですが、それ以外にも男性ホルモンが低下する事で、肉体的、精神的に多大な影響をもたらします。

男性ホルモンは人が前向きに生きる為のバイタリティーの源

男性ホルモンが低下することで、肉体的、精神的にも多大な影響をもたらすわけですが、そもそも男性ホルモンは「生きる活力」「気持ちの張り」など、人が前向きに生きる為のバイタリティーの源と言われているのです。

男性ホルモンの働き

  • 男性器の発達・性欲
  • 精子形成
  • 血管の健康維持
  • 動脈硬化予防
  • 肥満予防
  • 糖尿病予防
  • 記憶力の向上
  • やる気を高める
  • 筋肉や皮膚の元になるタンパク質の合成を促す
  • 筋肉量の増大

上げたらキリがないほど、男性ホルモンは心と体の健康維持に重要な働きをしています。

 

まとめ

ボンヤリと本当っぽい薄毛の噂のせいで、男性ホルモンが増えるとハゲると言われてきましたが、男性モルモンは生きていく上で必要不可欠なホルモンです!

そもそもAGAを発症していなければ、ゴリゴリのマッチョでも、ど変態な男性だとしても、髪が薄くなることはありません。

悪者にされていた男性モルモンが可哀想とすら感じます。

今まで男性モルモンが増えたらハゲるんじゃないか?と心配していた方は、とりあえず自分はAGA発症していないかセルフチェックで確認してみて下さい。そうする事で、無駄のない正しい薄毛対策が分かるようになります。

>>AGAを発症している?まずはセルフチェック