不足してませんか?髪の栄養。育毛と発毛に必須な髪の元になる栄養素まとめ

薄毛に悩む方が意外と見落としている髪の元になる栄養補給

 

健康な体には栄養バランスが良い食事を摂るのが大切なのと同じく、育毛・発毛を促す為には髪の元になる栄養補給も欠かせない重要な要素です。

  • 育毛剤を使っているのに中々髪が生えて来ない。
  • 運動もして頭皮マッサージもして血行を促しているのに薄毛が回復しない

上記に当てはまる方は、髪の元になる栄養が不足しているのかもしれません(効果のある育毛剤を使っているのが前提になりますが。。)

 

そこで今回は、髪の元になる栄養、そして髪の栄養を豊富に含んだ食べ物や食事についても説明していきます!

>>抜け毛も薄毛も予防する育毛サプリの比較ランキング

 

育毛・発毛に必須な髪の栄養素!

まず初めに、髪の元になる栄養素は大きく分けて、タンパク質、ビタミン群、亜鉛(ミネラル)の3つです。

髪を生やす為には、この3つの栄養素を意識して摂るのがポイント。

それぞれの働きについて、一つひとつ説明していきます。

 

髪の99%を作るタンパク質

髪の99%を作るタンパク質

髪の毛の99%はケラチンタンパク質という、タンパク質の一種で作られています。そう髪の毛は99%がタンパク質で作られているのです。

だから、髪の元になる栄養補給としてタンパク質が絶対に欠かせないのは分かると思いますが、問題なのは「髪を作るために消費されるタンパク質は優先順位が低い」ということ。

というのも、人の体を作る栄養・成分でもっとも多いのは「水」ですが、その次に多いのがタンパク質なのです。

 

人の体を作る栄養・成分

水・「タンパク質」・脂肪・鉱物質・炭水化物…

人の肌や爪、筋肉もタンパク質で作られています。もっと言えば、心臓、肝臓、胃、血管、脳、神経伝達物質に至るまで、体の重要なパーツもタンパク質が構成しているのです。

 

人が生きる上で欠かせない心臓や内臓と髪の毛を比べた場合、どちらの回復・成長にタンパク質が消費させるのか?考えるまでもありませんよね。

当然、生命維持に必要な心臓などを優先してタンパク質が消費されるわけです。だからこそ、髪の99%を作るタンパク質の補給が必須なのです。

 

 

ビタミン群

ビタミン群

髪の元になる栄養として2つ目に必須なのがビタミンA.B.Cなどのビタミン群。

なぜビタミン群が必須なのかというと、食事で摂ったタンパク質を髪の元に変える重要な働きがあるからなんです。

 

他にも、頭皮の健康維持、血行促進、細胞の活性化、抗酸化作用など、髪と体にとって重要な働きをしてくれるので、髪の元になる栄養補給とビタミン群は必須なんですね。

発毛にとって特に必須のビタミンと働きは以下の通りです。

 

ビタミンA

ビタミンAの働き・・・頭皮の乾燥予防、フケやかゆみを防ぐ、新陳代謝の促進

ビタミンAの持つ抗酸化作用は、皮膚や粘膜を丈夫にする働きがあり、特に乾燥肌の方は意識して摂りたいビタミンです。

 

ビタミンB群
  • ビタミンB2の働き・・皮脂の過剰分泌を抑える、新陳代謝の活性化
  • ビタミンB6の働き・・タンパク質の吸収促進、髪の元に変える
  • ビタミンB12の働き・・細胞分裂の活性化、タンパク質の合成促進、毛細血管の強化

特に、ビタミンB群は髪に良い!ビタミンの宝庫なので意識して摂りたいビタミンです。

 

ビタミンC

ビタミンCの働き・・頭皮環境の正常化、頭皮の弾力維持、頭皮や髪の老化防止

ビタミンCの持つ、抗酸化作用、抗活性酸素作用、ストレスの抑制は、健康な髪と頭皮を作る上で欠かせませんね。

 

ビタミンE

ビタミンEの働き・・血流改善、血管の正常化、髪と頭皮の老化防止

ビタミンEも髪に良い栄養素なので、生やすと増やすを実践するなら意識して摂りたいビタミン。

髪の成長を促すビタミンは他にもありますが、ここでは特に重要なビタミンに絞って紹介しました。育毛・発毛には、タンパク質と同じくビタミン群の補給も必須です。

 

亜鉛(ミネラル)

kami-eiyou-erabi-3

亜鉛は食事で摂ったタンパク質を髪の元に変える働きがあり、健康な髪の成長促進、AGA対策など髪にとって重要な働きを効果的にしてくれます。

 

亜鉛が不足すると

  • 抜け毛の増加
  • 白髪の増加
  • 髪が細く元気がない
  • 髪の成長が鈍くなる

などを招く原因にもなるんです。

また亜鉛は「現代人にとって不足しやすく失いやすい栄養素」と言われているので、亜鉛が不足しないようにシッカリ補給する必要があります。

以上、タンパク質、ビタミン群、亜鉛の3つが髪の元になる重要な栄養素です。

 

髪の栄養補給に、なぜこの3つが必須なのか?

どんなに血行を促進して毛根に血液を届けたとしても、そもそも髪の元になる栄養が不足していたらいつまで経っても髪は生えてきません

 

「材料がないのに料理を作れと言われても困ってしまう」のと同じで、髪の栄養が不足していたら、髪を作る材料がないので毛母細胞も困ってしまいます。

東洋医学、特に漢方で髪は「血余」と言われていて、髪の毛は体に余った血で作られると考えられています。

 

ここでいう「血」とは、血液だけでなく「栄養補」や「エネルギー」など、もっと大きな意味が込められているのですが、

ようするに髪の毛は体に余った余分な栄養で作られるというわけです。

 

心臓や内臓系に比べたら、体にとって髪の毛なんてあっても無くても問題ないパーツですし、実際なんの役に立っているか疑問ですよね。苦笑

ただ、外見と見た目年齢を大きく左右するので、是が非でも髪の毛を早く生やして薄毛を回復させたいわけですが。。。

 

話を戻しますと、髪は体に余った栄養で作られるからこそ、薄毛対策において髪の栄養補給は必須で重要で欠かせない要素なのです。

一生懸命育毛・発毛を促している方でも、髪の栄養補給をおろそかにしている場合が多いようなので、髪の栄養補給は実践して下さいね。

>>髪の栄養補給ができる育毛サプリ比較ランキング!

↑ハゲたくない人はクリックしないで下さいね。

 

髪の栄養を摂れる食事と食べ物

髪の元になる栄養は、タンパク質、ビタミン群、亜鉛の3つでした。

これら髪の栄養を普段の食事で補うなら、以下の食べ物が含まれる食事を心掛けるようにしましょう。

 

タンパク質の補給

たまご

タンパク質を多く含み、亜鉛やビタミンAやB2.B12など髪の栄養をたくさん含む食べ物が卵です。ただ、コレステロール値を上げるので食べ過ぎは禁物。1日1個が無難ですね。

 

大豆製品

良質なタンパク質で髪の栄養補給として抜群!

脂肪にもなりにくく、抗酸化作用・コレステロール値低下作用・ホルモンバランス調整など優れた働きをしてくれます。

 

くるみ

タンパク質の他にも、ビタミン群・亜鉛・カルシウム・銅など、髪に良い栄養が豊富に含まれているのがクルミです。

ただ、高脂肪・高カロリーなので食べ過ぎは禁物。

 

肉類

肉類はタンパク質を多く含んだ優秀な食べ物です。

ただ、お肉のタンパク質は脂肪になりやすいので、ダイエット中の方は牛や豚のヒレ肉、鳥胸肉やササミなど脂身が少ないお肉を選ぶようにしましょう。

 

特に、サバやサケにはタンパク質が豊富に含まれていて、血中コレステロール値や中性脂肪を下げてくれたり、血液の流れを良くしてくれる働きがあるのでおすすめです。

 

ビタミン群の補給

ニンジン

ベータカロテンが豊富なニンジン。抗酸化作用のあるベータカロテンは体内でビタミンAに変わるので、頭皮の乾燥を防いでくれます。

 

ブルーベリー

強い抗酸化作用を持つブルーベリーは、髪だけでなく体の老化防止にも働いてくれます。ビタミンA.C.Eなど、各ビタミン群も豊富です。

 

トマト

トマトには美容と健康に良いリコピンが豊富に含まれていますが、髪と頭皮の老化防止にも最適。他にも、ビタミンA.C.Eや鉄分、カルシウムなど髪に良い栄養が豊富に含まれています。

 

赤ピーマン

赤ピーマンに含まれるビタミンCはレモンの倍以上あり、他にもビタミンA.E、葉酸、カリウムなどを豊富に含んだ優秀な食べ物です。

 

亜鉛やミネラルの補給

カキ

亜鉛が豊富な事でも有名な牡蠣。1日に必要な亜鉛の摂取量を、牡蠣ならたった2つで摂れてしまうほど亜鉛を豊富に含んでいます。

 

豚レバー

亜鉛が豊富なのはもちろんのこと、ビタミンA、ビタミンB群、葉酸、鉄分など栄養価が非常に高い食べ物が豚レバーです。

苦手な方もいるかと思いますが、レバーが好きな方は積極的に食べると髪にも体にも良いですよ(もちろん偏った取り過ぎには注意ですが)

 

ヨーグルト

カルシウムが豊富なヨーグルト。一見すると髪の栄養とは関係なさそうですが、ビタミンやミネラルも多く、他の栄養素の吸収率を高めてくれる働きがあります。

カルシウムを摂る事で、ストレス耐性が付くと言われているので摂って損はないですね。

 

ここまで髪に栄養が摂れる食べ物を紹介してきましたが、これら髪の栄養が豊富に摂れる食べ物を普段の食事で満遍なく摂るようにしていきましょう。

ただ、一つだけ注意点があります。

 

それは、特定の食べ物・食品だけを摂っても吸収率が悪いということ。

 

というのも、栄養というのは単体では吸収率が悪く、それぞれを満遍なく摂る事で初めて体に吸収されやすくなるんです。

薄毛の悩みがあると「髪に良い!」「薄毛を改善させる!」と聞いたら、男性・女性関係なく多くの方が特定の栄養素だけを摂ろうとしますが、それでは殆ど意味がないんです。

 

例えば、亜鉛は髪に良いと有名なので亜鉛サプリを飲んでいる方がたくさんいますが、

サプリを飲んでいる方の中には「亜鉛サプリを飲んだけど髪が生えて来ない!」「亜鉛なんて摂っても意味ないんじゃね?」というネットの口コミを見かけます。

 

それもそのはずで、たくさんある髪の元になる栄養素の中で、亜鉛だけを意識して摂っても髪が生えてくるはずがないんです。

それは、卵しか用意してないのに「チャーハンが作れねーよ!どうなってんだ!」と言ってるようなもの。ご飯と野菜と調味料を用意しないダメでしょって話ですよね。

 

それと同じく、髪の栄養補給をするなら髪の元になる栄養素を満遍なく摂る必要があるのです。

「バランスの取れた食事が重要」と言われているのにも意味があるわけですね。

>>髪の栄養補給ができる育毛サプリ比較ランキング!

 

 

髪の栄養補給は意外と大変

タンパク質を摂る為に、卵を食べて肉か魚を食べて、ビタミンを摂る為に野菜や果物を食べて、亜鉛を摂る為に牡蠣やレバーを食べて…

髪の栄養補給ってめんどくさいなと感じる方も多いと思います。そう髪の栄養補給って想像以上に大変なんです。

 

特に、現代人にとってビタミン群と亜鉛は不足しやすく失いやすい栄養素なので、髪を生やす為の栄養補給は更に大変。

毎日バランスの取れた食事を意識するだけでも大変ですし、それが原因でストレスになって抜け毛が増える可能性もあります

髪の栄養補給は重要なのに、めんどうくさいことなので。

 

だからこそ、髪の栄養補給をサプリメントで補おうと考える方が多いのだと思いますが、マルチビタミンと亜鉛サプリを飲んだ程度では発毛は実感できません。

実際、マルチビタミンと亜鉛サプリの組み合わせを実践しているのに髪が生えてこない!意味がない!という口コミばかりを見かけます。

 

先ほどもお話しましたが、髪の栄養補給は「各栄養素を満遍なく摂ることが重要」なので、マルチビタミンと亜鉛サプリで栄養補給というのは間違いではありません。

ただ、それだけでは足りないんです

 

せっかく髪の栄養補給の為にサプリメントを飲むなら、脱毛原因まで一緒に抑制してくれる育毛サプリを飲んだ方が即効性があり効果的です。

髪を生やす為の薄毛対策は、AGA対策(女性の場合はFAGA対策)、血行不良、髪の栄養不足、睡眠不足の改善が必須!

 

ですので、めんどうな髪の栄養補給をサプリメントで補おうと考えている方には、栄養補給と脱毛原因の抑制ができる育毛サプリメントをおすすめします。

>>抜け毛も薄毛も予防する育毛サプリの比較ランキング

↑ハゲたくない人はクリックしないで下さいね。

 

面倒臭がりな私も飲んでいて効果を実感している育毛サプリなのでおすすめです。