フィンジアに副作用はあるのか?ミノキシジル育毛剤と比較して検証

フィンジアは医薬品であるリアップX5のようなミノキシジル育毛剤とは違い副作用の心配は殆んどないものの、副作用のリスクが全くないわけではありません。

様々な成分を配合している育毛剤ですから、自分に合わない成分が含まれていると、頭皮にカユミやかぶれなど軽度の副作用を起こす可能性もあります。

ここでは実際にフィンジアを使っている肌の弱い私が、ミノキシジル育毛剤と比較した場合の副作用のリスクについてまとめました。

※ フィンジアの気になることもまとめています。

 

フィンジアで副作用が起こる可能性は?

フィンジアにはキャピキシルやピディオキシジルといった育毛効果の高い新時代の育毛成分や、その他にも天然由来の育毛成分が十数種類配合されています。

フィンジアの成分を見ると起こる可能性がある副作用は

  • 頭皮のかゆみ
  • 頭皮の荒れ
  • 頭皮の炎症

上記の3つがフィンジアを使ったことで起こる可能性がある副作用です。ただし、上記のような頭皮の副作用が起こる可能性は極めて低いように思います。

AGAの改善と高い育毛効果が期待されているキャピキシルですが、この成分は数種類の植物エキスと成長因子を配合してブレンドして作られている成分ですので、頭皮への刺激やアレルギー反応というのは非常に低いものです。

まれに植物エキスにアレルギー反応を起こす方もいますが、フィンジアに配合されている天然由来の育毛成分には健康を害するような危険な成分は配合されていません。

リアップX5のようにミノキシジル配合育毛剤の場合は、頭皮の湿疹、頭皮の炎症・荒れ、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎など頭皮アレルギーのリスクがありますが、フィンジアはそういった危険な頭皮アレルギーのリスクは殆んどありません。

肌の弱い私はフィンジアを使い始めるまで頭皮アレルギーを心配していましたが、未だに頭皮にカユミやかぶれなどの症状が起きていませんので、フィンジアの副作用は極めて低いものだと思います。

 

口コミから副作用の発現率を比較

ミノキシジル育毛剤とフィンジアの口コミから副作用の発現率を比較すると、28:1で圧倒的にフィンジアの方が低いですね。

特にミノキシジルの場合は、ミノキシジル濃度が高くなるほど副作用の発現率が高くなります。

人によってはミノキ焼けといって、ミノキシジルが付着した頭皮にアレルギー反応が起こり、皮膚がパラパラ落ちる状態になる方もいるようです。

ミノキシジル育毛剤を使っていると頭皮が何となくかゆい状態が続きますが、フィンジアは肌の弱い私が使っていても頭皮に違和感がなく問題なく使えています。

 

重篤な副作用の心配はない

ミノキシジル配合育毛剤は注意事項を守らないと体に大きな負担をかけ重篤な副作用が起こる可能性もありますが、フィンジアには配合されている成分からして重篤な副作用のリスクはありません。

元々血圧を下げる薬として開発されたミノキシジルは、血圧の低下や胸の痛みなど体を壊しかねない副作用のリスクがありますが、フィンジアではそういった体への悪い影響は全くないです。

 

フィンジアの副作用まとめ

フィンジアは効果が高くても副作用のリスクが殆んどない育毛剤といえますが、自分の肌質に合わなければ頭皮が赤くなったり炎症を起こす事もありますので、頭皮に何らかの違和感を感じたら使用を中止しましょう。

早めに中止すれば直ぐに治りますし、30日間の返金保障が付いていますので、フィンジアに関しては過剰に副作用の心配をする必要はないかと思います。

>>フィンジアの公式サイトはこちら

 

返金保証が付くのは上記公式サイトだけですので、その点は気を付けて下さいね。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。