薄毛改善効果が高いのは?フィンジアとボストンスカルプの徹底比較

AGA改善効果のあるキャピキシルと、ミノキシジルと同様の効果がある上に副作用のないピディオキシジルを配合したフィンジアとボストンスカルプエッセンス。

フィンジアとボストンスカルプエッセンスは、どちらもキャピキシルとピディオキシジルを配合していますので、どちらを使えば薄毛を改善できるのか気になっている方も多いかと思います。

ここでは、フィンジアとボストンスカルプの成分・口コミ・値段を比較して、AGA改善効果や薄毛改善効果が高いのはどちらなのか解析してまとめました。

フィンジアとボストンスカルプで迷っている方にとって必ず役立つ情報のはずですので、最後までご覧になってみて下さい。

※ フィンジアに関しては以下の比較もしています。

 

フィンジアとボストンスカルプの成分比較

フィンジアとボストンスカルプエッセンス

フィンジアとボストンスカルプエッセンスに配合されている成分は以下の通りです。

フィンジア ボストンスカルプエッセンス
ピディオキシジル キャピキシル
キャピキシル ピディオキシジル
カプサイシン フラーレン
パンテノール ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1
センブリエキス アセチルテトラペプチド-3
ビワ葉エキス ビオチノイルトリペプチド-1
褐藻エキス モウソウチクたけのこ皮エキス
グリチルリチン酸 アマモエキス
ボタンエキス 褐藻エキス
フユボダイジュ花エキス カミツレ花エキス
ヒキオコシ葉茎エキス グリチルリチン酸2K
ヒオウギエキス アピゲニオン
キハダ樹脂エキス オレアノール酸
ヒマシ油 カンフル
グリセリン
レシチン
ダイズ油
ラベンダー油
クエン酸
クエン酸Na
グルタミン酸
合計 14 合計 21

上記をご覧になって頂くと分かります通り、フィンジアよりもボストンスカルプエッセンスの方が配合されている成分が多いことが分かります。

育毛剤に配合されている成分によって薄毛改善効果が違いますので、成分の働きに詳しくなくてもある程度どんな成分が育毛剤に配合されているのか知っていると、育毛剤選びで失敗しなくなります。

その中でも育毛剤の効果は主体成分によって変わりますので、フィンジアとボストンスカルプエッセンスに配合されている主体成分を踏まえて、どちらの方が抜け毛・薄毛改善効果が高いか説明していきますね。

 

フィンジアとボストンスカルプの主体成分

フィンジアとボストンスカルプエッセンスに配合されている主体成分は以下の通りです。

フィンジア ボストン
主体成分  キャピキシル
ピディオキシジル
 キャピキシル
ピディオキシジル
フラーレン

 

フィンジアとボストンスカルプ共通・キャピキシルの効果

フィンジアとボストンスカルプエッセンス

キャピキシルにはAGA(男性型脱毛症)を改善する効果と、ミノキシジル3倍の成長促進効果があります。

AGAは薄毛に悩む男性の3人に1人が発症しているといわれている脱毛症で、生え際が薄くなりおでこが広くなり薄くなる、生え際と頭頂部の両方が薄くなるなど成人男性特有の脱毛症です。

1度AGAを発症すると、髪のミニチュア化・細い髪の増加・発毛不全などを招く上に、生活習慣やシャンプーの可能で、専門的なアプローチと改善方法が必要になります。

専門的なアプローチと治療方法が必要にも関わらず、それを出来ていない人が多いので薄毛が改善しないといに悩む男性はAGAの改善が必須といえます。 AGAを改善することで薄毛の改善率がグンッと高まるケースが多いんですよね。

そしてキャピキシルにはAGAを改善する効果がありますので、生え際の薄毛・頭頂部の薄毛に高い効果を望めます。

キャピキシルはAGAを発症している患者の頭皮で行われた臨床試験結果、AGA改善効果があると分かっている成分で、なお且つその試験データが公開されていますので他の成分よりも信憑性が高いです。

実際、私自身がキャピキシル配合育毛剤を使い始めた事でAGAが改善しましたので間違いないと思います。

※ キャピキシルの効果については、フィンジアの効果体験談レポートこちらで徹底検証・解説しています。

 

フィンジアとボストンスカルプ共通・ピディオキシルの効果

フィンジアとボストンスカルプに配合されているピディオキシルは、副作用のリスクが無くミノキシジルと同様の効果を望めます。

ミノキシジルといえば大正製薬のリアップX5が有名ですが、ミノキシジルには以下のような副作用のリスクがあります。

ミノキシジルの副作用一覧
  • 頭皮の痒み炎症
  • 接触性皮膚炎
  • 脂漏性皮膚炎
  • 低血圧
  • 多毛症
  • 動悸・頭痛・めまい
  • 多臓器不全
  • 糖尿病

ミノキシジルは上記のような副作用のリスクがありますので、副作用が心配でリアップやロゲインなどが使えないという方も多いかと思います。

ですが先ほどもお話ししました通り、フィンジアとボストンスカルプに配合されているピディオキシルには副作用のリスクがない上にミノキシジルと同様の効果が望めます。

なぜ副作用のリスクがない上に、ミノキシジルと同様の効果が望めるのかというと、「2つの成分は分子構造が極めて似ている」という特徴があるからなんですね。

下の画像は、ピディオキシジルとミノキシジルの分子を比べた画像です。

ピディオキシジルとミノキシジルの分子を比べた画像

※ ちなみに、左がピディオキシジルで右がミノキシジルです。

似た構造を持つ分子が似たような働きをするというのは良くあることで、ミノキシジルの分子構造に極めて似ているピディオキシジルは副作用のリスクがなく同様の効果を望めるということですね。

どんなに効果の高い成分だったとしても、副作用が心配な育毛剤を使っていては副作用の心配がストレスになって薄毛を悪化させる可能性がありますが、そのような副作用のリスクがないので安心して薄毛治療に使うことができます。

 

ボストンに配合されているフラーレン

このフラーレンという成分は、抗酸化作用が非常に高く、頭皮の老化を防ぎ頭皮を若々しく保つ効果があります。

一言で頭皮が老化すると、弾力を失って硬くなる・紫外線や外部刺激のダメージを受けやすくなる・新陳代謝が低下などを招きますが、これらを改善してくれるのがフラーレンという成分です。

フラーレン

フラーレンの抗酸化力はビタミンCの172倍と言われているほどで、これほどの抗酸化作用があることで《頭皮の老化をふせぎ髪が生えてきやすい環境を整える効果がある》ということですね。

フラーレンは過去にノーベル化学賞を受賞している効果に科学的根拠がある成分ですので、頭皮の老化防止と頭皮環境の改善に高い効果を望めます。

 

フィンジアとボストンスカルプエッセンスの主体成分の効果は上記のとおりです。 肝心な薄毛改善効果は、ボストンスカルプよりもフィンジアの方が若干優れています。

フィンジアの方がピディオキシジルの配合濃度が高いので、主体成分だけで判断した場合の薄毛改善効果はフィンジアの方が優れていると判断できます。

※フラーレンは頭皮環境の改善成分ですので、育毛・発毛に直接関係する主体成分だけで判断しています。

 

AGA改善効果が高いのは?

AGA改善効果はボストンスカルプエッセンスよりもフィンジアの方が高いといえます。

フィンジアとボストンスカルプエッセンス

AGA改善効果のあるキャピキシルを配合している点は同じですが、ボストンスカルプエッセンスにはAGAを改善する成分がキャピキシルしか配合されていません。

それに比べてフィンジアには、キャピキシルに加えてヒオウギエキスとビワ葉エキスが配合されていますので、ボストンスカルプエッセンスよりもフィンジアの方がAGA改善の総合力が高いといえます。

ですので、薄毛の原因がAGA(男性型脱毛症)と感じている方、AGA改善効果の高い育毛剤を使いたいとお考えの方には、AGA改善の総合力が高いフィンジアがおすすめです。

>>フィンジアの詳細はこちら

 

フィンジアとボストンスカルプの値段比較

効果と同じくらい育毛剤の値段も重要ですよね。

特に育毛剤というのは1本使えばフサフサになるわけではなく、「ある程度の期間続けることで本当の効果を実感できる」ので、薄毛を確実に改善していくためにも育毛剤の値段も重要なポイントです。

以下の表は、フィンジアとボストンスカルプエッセンスそれぞれの値段と1カ月あたりのコスト、そして返金保証の期間を比較した一覧表です。

フィンジア ボストン
1本単品 12,800円 14,800円
1本定期 9,980円 12,800円
3本まとめ買い 34,800円 29,800円
3本定期 24,800円
最安値 9,980円
(公式サイト)
8,266円
(公式サイト)
返金保証 30日 180日

フィンジアとボストンスカルプエッセンスの最安値コースを比較すると、フィンジアよりもボストンスカルプの方が1,000円ほど安くなります。

ただ、ボストンスカルプの場合は3回配送しないと解約できないキツイ縛りがあります。 つまり、9カ月は使い続けないといけません。苦笑

しかも180日の返金保証は単品購入にのみ適応されるので、定期コースやまとめ買いをした場合ボストンスカルプエッセンスには返金保証が付いてきません。

それに対してフィンジアは、月々1,000円ほど高くなりますが、初回から解約ができる上に返金保証がついてきます。

初めから9カ月続けるつもりであればボストンの方がお得ですが、万が一肌に合わなかった場合を考えるとボストンスカルプエッセンスはリスクが高いようにも感じますよね。

最安値だけを比べるとボストンの方がお得ですが、返金保証やいつでも解約できる条件などを踏まえるとフィンジアの方が優れているように感じます。

 

薄毛改善効果が高いのはフィンジア?ボストン?

薄毛改善効果はフィンジアの方が高いと判断しています。

配合さている成分の数ではボストンスカルプエッセンスの方が上ですが、ボストンの成分を解析してみると「頭皮環境の改善を目的としている成分が多い」です。

もちろん頭皮環境を改善させることも必要ですが、AGAの改善や毛母細胞の活性化、頭皮環境の改善などの薄毛改善の総合力が高いほど改善率がグンッと高まるので、薄毛改善効果はフィンジアの方が高いと思います。

フィンジアとボストンスカルプエッセンス

ボストンも優れた成分を高配合していますが、割引きや返金保証の縛りがキツイので、その点も踏まえるとフィンジアの方が優れた育毛剤といえますね。

フィンジアは公式サイトから注文すると返金保証がついていますし、定期コースで注文しても初回から解約が可能ですので、試さないことを後悔しても、使ってみて失敗することがありません。

生え際の薄毛・頭頂部の薄毛を改善したいとお考えの方は、フィンジアを試してみてはいかかでしょうか。

>>フィンジアの公式サイトはこちら

>>ボストンスカルプ公式サイトはこちら

 

※ 返金保証が付くのは、上記公式サイトだけですのでその点は注意してくださいね。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。