半分本当で半分ウソ!毛深くてヒゲや体毛が濃いとハゲ・薄毛になる噂

男性なら誰でも気にした事があるであろう「ヒゲや体毛が濃いとハゲ・薄毛になる」という噂。

 

この噂は本当なのかウソなのか、結論から先にお話しすると

半分本当で半分ウソです。

 

実際、ヒゲや体毛が濃くてもフサフサ・ボウボウの人もいますし、ヒゲや体毛は濃いけど髪が薄いって方もいますよね。

今回は、ヒゲや体毛が濃いとハゲ・薄毛になるという噂の真実を検証していきます!

 

>>抜け毛も薄毛も防ぐ?育毛サプリの比較ランキング

 

ヒゲや体毛が濃くなる4つの主な原因

ヒゲや体毛が濃くなる4つの主な原因

そもそも体毛が濃くなる原因は様々で

  • 遺伝的に体毛が濃い・濃くなりやすい
  • 肉類ばかり食べている(毒素を体外に排出するために毛が濃くなる)
  • 身体が冷えやすい服装ばかりしている
  • 男性ホルモンの分泌が多い

など、体毛が濃くなる原因は様々です。

 

体毛が濃くなる原因の中で、薄毛を気にされている方、または心配している方が最も気になるのって男性ホルモンの分泌が多いからヒゲや体毛が濃くなるって事ではないでしょうか?

 

そして、ヒゲや体毛が濃いとハゲ・薄毛になるという噂を何となーく信じてしまうのは

ヒゲや体毛が濃いのは男性ホルモンが原因だ
↓  ↓  ↓
男性ホルモンが増えるとハゲる
↓  ↓  ↓
つまりヒゲや体毛が濃いとハゲる

という事を、イメージしているからだと思います。

 

ただ、男性ホルモンが薄毛の直接的な原因でないことが分かっていますし、

男性ホルモンの分泌が増えるとハゲ・薄毛になる この噂は本当?こちらの記事でも、男性ホルモンと薄毛は直接的な原因ではないと説明している通りです。

 

じゃぁ何がハゲ・薄毛の原因なのかというと、AGAを発症しているかどうかということ。

 

DHTがヒゲや体毛を濃くする。薄毛まで進行させる

AGA(男性型脱毛症)が原因による薄毛は、男性ホルモンが変異したDHT(ジヒドロテストステロン)が増えることで薄毛が進行することが研究によって分かっています。

そして、このDHT(AGAの原因)には皮脂の分泌を増やしたり、体毛を濃くする働きがあるのです。

 

つまり、

「ヒゲや体毛が濃い(男性ホルモンが多い) = ハゲる」わけではなく

「AGAを発症している + ヒゲや体毛が濃い= ハゲやすい」というわけです。

 

AGAを発症している場合、男性ホルモンが多いと薄毛を進行させるDHTも増加するので、薄毛になる可能性が高くなるわけです。

しかも、ヒゲや体毛も濃くなる傾向が高いです。

>>AGA対策サプリのおすすめランキング

 

 

ヒゲや体毛が濃くても【フサフサな人】がいる理由

「ヒゲや体毛が濃くてもフサフサ・ボウボウの人がいるよね」と思う方がいるかも知れません。

それは正解です。

 

ただ、ヒゲや体毛が濃くてもフサフサの人というのは「遺伝的・体質的に体毛が濃くなりやすい」だけであって、必ずしも男性ホルモンが多いとは限らないんです。

 

 

危険なのは、ヒゲや体毛が濃くなると同時期に薄くなってきたパターン

このタイプに当てはまる人は、放っておくとかなりの高確率で髪が薄くなります。

と言うのも、私自身がまさに「ヒゲや体毛が濃くなるにつれて髪が薄くなった」からです。苦笑

 

20代前半の頃は、ヒゲなんて週1.2回剃れば充分なほど薄かったので。

当時は「電動髭ソリを使うとか、毎日ヒゲを剃ってる人って大変だよなぁ」なんて他人ごとに思ってました。

 

それが、20代後半になってから2日に一回はヒゲを剃らないとダメなほど急激に濃くなりました。

 

そしてハゲました。苦笑

 

生え際も頭頂部も薄かった当時の私の頭皮です。マジでキテました。苦笑

ヒゲが濃くなってハゲた当時から回復!

育毛サプリや育毛剤など、正しいケアをすれば髪を増やすことはできます。

 

少し話がズレましたが、これは典型的にAGAを発症したパターンだと思うわけです。

先ほどもお話しした通り、DHT(AGAの原因)には薄毛を進行させるほかに、ヒゲや体毛を濃くする働きがあります。

 

元々ヒゲや体毛が薄かった私ですが、ヒゲが濃くなるにつれて髪が薄くなっていったので、気付かない間にDHTが増えてAGAを発症していたのだと思います。

 

だからこそ、ヒゲや体毛が薄かったのに、最近急激にヒゲが濃くなってきた。体毛が濃くなってきた。

しかも、薄毛が心配・気になるって方は、特に注意した方が良いです。

おそらく放っておいたら、高確率でハゲます。

 

まとめ

AGAって痛みとか痒みとか全くなく、知らない間に薄毛を進行させます。

しかも、薄毛の進行が進んでいると、回復させるまでに想像以上の時間が掛かります。

めっちゃくちゃ苦労します。苦笑

 

個人の経験としては、「あの時さっさと対策をとっておけけば… ここまで苦労はしなかった…」と、何度思ったことか分かりません。

 

冒頭で、ヒゲや体毛が濃いとハゲ・薄毛になるという噂が「半分本当で半分ウソ」とお話ししたのも、AGAを発症しているかどうかによって、ハゲるハゲないの分かれ道になるからなんですよね。

仮にAGAを発症してたとしても、しっかり対策をとっていれば薄くなったり、ハゲを予防できますから。

>>AGA対策サプリおすすめランキング

 

※ 睡眠不足や血行不良によって薄毛になる可能性もありますが、ヒゲや体毛とはあまり関係ないので過度な心配はいらないかなと思います。

 

薄毛改善目的で育毛剤を探している方は、薄毛対策の効果で決める!育毛剤おすすめランキングをご覧になって見て下さい。

薄毛を改善・育毛剤おすすめ比較ランキング!2017年 最新版

育毛剤は何十種類もありますが、実際に19種類以上試して人体実験をして、口コミ評価も踏まえて格付けしています。

 

生え際の薄毛・頭頂部の薄毛を改善させたい方は一度ご覧になって見て下さい。

>>育毛剤 比較ランキング!見た目を変えてく失敗しない決定版!

 

最後までご覧になって下さり、ありがとうございました。