キャピキシルの育毛・発毛効果を詳しく検証!噂の効果は本当なのか?

ミノキシジル以上の育毛・発毛効果があると話題の新時代の育毛成分キャピキシル

何といっても「ミノキシジル3倍の育毛効果がある」ことや「AGA(男性型脱毛症)の改善効果がある」という本当なのか嘘なのか、その効果の高さばかりが先行しているような状態。

抜け毛や薄毛に悩む多くの方は、キャピキシルには本当に効果があるのか気になっている方も多いかと思います。

そこで本稿では、キャピキシルには本当にミノキシジル3倍の育毛効果があるのか?本当にAGA改善効果があるのか?実際に行われた試験データを元に徹底解析してまとめました。

キャピキシルの育毛・発毛効果の真実を知りたいとお探しの方は、最後までご覧になってみて下さい。

 

ミノキシジル3倍の育毛効果があるのは本当なのか?

キャピキシルがミノキシジル3倍の育毛効果があるというデータがこちらのグラフです。

キャピキシルがミノキシジル3倍の育毛効果があるというデータ

※ アセチルテトラペプチド-3とは、キャピキシルに含まれる成分

このグラフを見ると、キャピキシルを構成している物質のアセチルテトラペプチド-3がミノキシジル3倍の効果があるということが分かります。

  • ミノキシジル52%
  • アセチルテトラペプチド-3(キャピキシル)が156%

肝心なのは「何がミノキシジル3倍の効果があるのか」ということですが、これは毛包の成長活動がミノキシジル3倍の効果があったということです。

毛包とは、毛穴の中で毛根の含めた髪の毛全体を包んでいる組織で、毛包も髪の成長に大きく関係している重要な組織です。毛包が大きく育つことで髪が太く育つので、キャピキシルを塗布することで髪の毛が太く育つことが考えられます。

ミノキシジルの3倍髪が早く伸びるわけではありませんが、キャピキシルを塗布することでミノキシジルの3倍毛包の成長を促すことができますので、髪を太くしたいとお考えの方・産毛を太く育てたいとお考えの方に最適な育毛成分といえますね。

 

キャピキシルの臨床試験

ここからは、「実際に行われたキャピキシルの臨床試験データ」をもとにキャピキシルの効果を解析していきます。

キャピキシルの臨床試験

キャピキシルの臨床試験データは、Deeper 3D公式サイトからダウンロードできますので確認したい方は実際にダウンロードして確かめてみて下さい。

>>キャピキシルの臨床試験を確かめる

 

AGA改善効果は本当なのか?

まずはキャピキシルのAGA改善効果から検証していきます。キャピキシルの臨床試験では、AGAを発症している患者さんに協力してもらい試験が行われました。

キャピキシルの臨床試験

キャピキシルの臨床試験は、以下のような方法で行われました。

キャピキシルの臨床試験

どのような試験が行われたのか翻訳すると以下の通りです。

  • 平均年齢46歳のAGA患者30人に協力してもらった。
  • 15人にはキャピキシル5%を塗布、残り15人にはプラセボ(※)を塗布した。
  • 1日1回夜に20滴、キャピキシル5%およびプラセボをそれぞれ4ヶ月間使ってもらった
  • 4ヶ月後、それぞれの使用前と使用後の頭髪の状態を比較した

※ プラセボとは有効成分の入ってない偽薬のこと。

有効成分の入ってないプラセボ(偽薬)と、有効成分のキャピキシルの試験結果を比較することで、キャピキシルには本当にAGA改善効果があるのか判断できるということですね。

 

キャピキシルとプラセボの計測方法

キャピキシルとプラセボの計測方法

これは、キャピキシルとプラセボを使った試験による毛髪の計測方法について説明されています。

Tricho Scanという装置を使って計測するようで、まず1.8平方センチメートルの広さに剃った頭皮を撮影し、そこから更に3日後に再び頭皮を撮影し、伸びた髪と伸びてない髪を判断するようです。

おそらく、成長期の髪と休止期の毛髪量を見分ける為だと想います。この計測方法を、キャピキシルとプラセボの使用前と使用後に行うことで、キャピキシルの育毛効果を判断するとこいうことですね。

 

キャピキシルの効果試験の結果

こちらがキャピキシルの臨床試験結果です。

キャピキシルの効果試験の結果

上記は、左が成長期の毛髪量の変化、右が休止期の毛髪量の変化という見方になります。

  • 成長期・・・発毛
  • 休止期・・・抜け毛

このような見方です。

 

成長期(発毛)の毛髪量の変化

成長期(発毛)の毛髪量の変化

このグラフを見ると、プラセボ(偽薬)を塗布した場合は成長期(発毛)の髪が2%も減少したのに対して、キャピキシルを塗布した方は成長期の髪が13%も増えたことが分かります。

つまり、キャピキシルを塗布したことで発毛が促進されたということです。

 

休止期の毛髪量の変化

休止期の毛髪量の変化

このグラフを見ると、プラセボ(偽薬)を塗布した場合は休止期(抜け毛)の髪が23%も増えたのに対して、キャピキシルを塗布した方は休止期の髪が29も減ったことが分かります。

つまり、キャピキシルを塗布したことで抜け毛が減ったということです。

 

これらを踏まえて、初めのグラフを分かりやすくすると以下のようになります。

キャピキシルの効果試験の結果

このような臨床試験結果になったということです。

つまり、AGAを発症している患者にキャピキシルを塗布したことで、《発毛が促進されて抜け毛が減った》ということですね。

 

発毛と抜け毛の毛髪量の変化

下のグラフは、プラセボ(偽薬)とキャピキシルをそれぞれ塗布した患者の、発毛した髪の本数を、抜け毛の本数で割った毛髪量の変化です。

capixyl-kouka-kensyou-10

上記をみると、プラセボ(偽薬)は33%も髪が減ったのに対して、キャピキシルを塗布した場合は46%も髪の毛が増えていることが分かります。

つまり、キャピキシルを塗布したことで薄毛が改善したということですね。

 

画像による毛髪量の変化

下の画像は、キャピキシル塗布前とキャピキシル塗布後の頭皮を比較した画像です。

キャピキシル塗布後の画像による毛髪量の変化

一目見ても明らかな通り、AGA患者にキャピキシルを塗布したことで発毛が促進され明らかに髪の毛が増えていることが分かりますよね。

上記の臨床試験で明らかな通り、キャピキシルには薄毛に悩む男性の大敵であるAGAを改善する効果があるのは間違いありません。

 

キャピキシルにはAGA改善効果がある

ここまでキャピキシルのAGA改善効果を検証してきましたが、キャピキシルのAGA改善効果は間違いないと判断しています。

キャピキシルの臨床試験自体が「AGAを発症している平均年齢46歳の患者30人に協力してもらっています。

その結果キャピキシルを塗布したAGA患者の頭皮で「発毛が促進され抜け毛が減ったことが分かった」わけですから、効果に対する疑いようがありませんよね。

キャピキシルの効果試験の結果

しかも、キャピキシルのように試験データを公開している成分自体がほとんどないので、その意味でも臨床試験データを公開しているキャピキシルは信頼できる育毛成分といえます。

しかも、キャピキシルは副作用のリスクがありませんので、安心してAGA治療に臨むことができます。実際、キャピキシル配合育毛剤を2年ほど使っていますが「性欲減退や抑うつ感を感じたことはありません」し、頭皮が荒れたこともありません。

 

キャピキシルは生え際・頭頂部の薄毛改善に効果はある?

一番気になるのがキャピキシルは生え際の薄毛・頭頂部の薄毛改善に効果があるのかどうか?という点ですよね。

特に、改善が難しいと言われている生え際薄毛の改善に効果があれば、頭頂部にはより即効性のある効果が期待できるわけですからキャピキシルの薄毛改善効果が気になっている方も多いかと思います。

結論から先にお話しすると、キャピキシルは生え際の薄毛・頭頂部の薄毛改善に効果が期待できる優れた成分であるといえます。

生え際も頭頂部も基本的に髪が薄くなる原因は同じですが、男性の場合AGA(男性型脱毛症)の影響を強く受けている場合が非常に多いです。

AGAは薄毛に悩む男性の3人に1人が発症している脱毛症で、一度AGAを発症すると髪のミニチュア化・短い抜け毛の増加・発毛不全を招きます。

だからこそ薄毛に悩む男性はAGAの改善が必須であり基本で、AGAを改善することで薄毛が治るケースがグンッと高くなるんですね(実際、私自信がAGAを改善したことで薄毛が回復したので間違いないと思います)

そんなAGA改善効果がキャピキシルにはありますし、その上副作用のリスクがありませんので、安心して生え際薄毛・頭頂部の薄毛治療に臨むことができます。

生え際の薄毛・頭頂部の薄毛を改善したとお考えの方は、キャピキシルを配合した育毛剤を基準に選んでみてはいかがでしょうか。髪の悩みを改善する近道になってくれると思います。

 

キャピキシルの効果まとめ

他の育毛サイトを見ていると大した検証をすることもなく「キャピキシルにはミノキシジル3倍の効果があります!」「AGA改善効果があるんです!」と書いていますが、具体的に解説しているサイトは殆どありません。苦笑

多くのサイトはコピペのような記事ばかりですので、シッカリと成分について解説している方のサイトを参考にした方が抜け毛・薄毛の改善に役立つと思います。そういった細かい部分も参考基準の一つにしてみて下さい。

ここまで解析してきたキャピキシルの効果をまとめると

  • キャピキシルには、ミノキシジルの3倍毛包の成長を活性化させる効果がある(髪を太くする効果がある)
  • キャピキシルには、AGAを改善する効果がある
  • 生え際と頭頂部の薄毛改善に効果を望める

先ほどもお話ししましたが、試験データを公開していない育毛成分しかない中で、キャピキシルは実際に行われた臨床試験データを公開している数少ない成分。ですので、他の成分よりも育毛効果が高く信憑性の高い成分といえます。

抜け毛や薄毛を少しでも早く改善したい方、過去に育毛剤を使っても薄毛を改善できなかった方は、キャピキシルを配合した育毛剤を選ぶようにしてみると確かな変化と結果を得られるかもしれません。

 

続々登場しているキャピキシル配合育毛剤

AGA改善効果とミノキシジル3倍の効果があるキャピキシルですが、その効果が広まってか今ではキャピキシルを配合した育毛剤が続々と登場しています。

キャピキシル配合育毛剤

続々と登場してくるキャピキシル配合育毛剤を解析していますが、配合成分に対して不自然な値段がつけられた育毛剤があまりにも多いように感じます。ようするに、値段が高すぎるということですね。

私自身キャピキシル配合育毛剤を2年以上使っていることで何年も悩まされ続けていた薄毛は確実に改善していますが、キャピキシルを配合した育毛剤は値段が高いのが当たり前となっています。

副作用がない上に効果が高いのである程度値段が高くなってしまうのは仕方ないとしても、キャピキシル以外はショボい成分しか配合していないのに値段が高い育毛剤もたくさんありますので、キャピキシル配合育毛剤を選ぶさいは十分注意して下さいね。

キャピキシル配合育毛剤はたくさんありますが、その中でも特におすすめできる質の高いキャピキシル配合育毛剤をまとめていますので、抜け毛・薄毛を少しでも早く改善したい方、今までどんな育毛剤を使っても効果を得られなかった方は一度ご覧になってみて下さい。

>>失敗しない!キャピキシル配合育毛剤ランキング

 

キャピキシル配合育毛剤では、実際に使って効果を確かめた中で順位付けをしていますので、どのサイトよりも信憑性が高いランキングになっているはずです。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。